• このエントリーをはてなブックマークに追加
採用担当のプロがアドバイス!

履歴書の書き方ガイド完全版雇用形態別でみる学歴・職歴

学歴・職歴編

履歴書内で最も大きなスペースを占める学歴・職歴欄。学歴はいつから書くべきか、転職回数が多い場合の職歴の書き方など、いざ書くとなると迷ってしまうことも多い部分です。基本的なルールと、採用担当者の声を見ながら書いていきましょう。

学歴・職歴

学歴

  • 1行目の中央部分に学歴と記入
  • 西暦か和暦か、どちらかで統一
  • 大学か大学院卒であれば高校(専門学校含む)の卒業から記入
  • 最終学歴は入学年月と卒業年月を記入。同上は使用NG!
  • 名は正式名称で。「高校」は略式なので注意

最初の1行目の中央に「学歴」と書きます。実際の学歴は2行目から書き始めます。

中卒の場合は、中学校の卒業年月のみを記入してください。高卒の場合は中学校の卒業年月と高等学校の入学年月、卒業年月まで記入しましょう。もし卒業せずに途中で退学をしている場合は、入学年月を記入してから「途中退学」した年月を追加しましょう。浪人、留年したことは書かなくてもよいです。
在学中の場合は、卒業見込み年月を記載するのがルールとなっています。

大学は学部、学科、コース・専攻名を記入しましょう。応募職種で活かせるテーマであれば研究テーマを書いてもいいでしょう。
大学院は研究科まで書きます。予備校は学歴にはならないので記載は不要です。

学校名・学部名が変った場合は卒業当時の名称(卒業証書に記載の名称)を使用します。学校の統廃合などがあった場合は( )内に「現○○○」として付記するとよいでしょう。

一度、就職してから再び学校に入学し、学び直した場合も学歴の欄に書きます。企業が注目するのは最終学歴であることが多いためです。

職歴

  • 西暦か和暦か、どちらかで統一
  • 時系列に過去の就業実績から記入
  • 現職の企業の退職日が決まっている場合は「退職予定」と記入
  • 最終行には「現在に至る」とし、右寄せで「以上」と記入
  • 職歴が書ききれない場合、「詳細は職務経歴書記入」としてもOK

学歴のあとに1行空けてから「職歴」と中央に書きます。職歴は入社年月と退職年月の2行をセットで書くのが原則です。退職年月の行には退職理由も併せて記入するのが一般的で、自己都合の場合は「一身上の都合により退職」か、または会社都合の場合、「会社都合により退職」と書きます。あらかじめ契約期間が定まっている仕事だった場合には、「契約期間満了により退職」と書きましょう。

現在在籍中の場合は、入社表記のあとに「現在に至る」と記入します。すでに退職日の調整が勤務先とついている場合は( )内に「○月○日退職予定」と記載してもかまいません。

休職期間がある場合でも、履歴書への記載は不要です。

転職回数が多い場合も、社会保険をもらって働いた職歴は原則すべて記入します。採用後、企業が社会保険の手続きをする際にすべてわかってしまうものなので、最初からオープンにしましょう。もし行が不足するような場合は、あらかじめスペースが大きめにとられている履歴書を使用しても良いでしょう。職歴書の提出も併せて求められている場合には、大まかな職歴を記入して、「詳細は職務経歴書記入」としても構いません。

正社員・契約社員・派遣社員・
パート・アルバイト
雇用形態別職歴欄の書き方

正社員・契約社員

正社員・契約社員

転職歴が少なく、スペースが余っている場合は会社の従業員数や業種、部署名や仕事内容を書いてもいいですが、できるだけ詳細情報は職務経歴書へ。契約社員やアルバイトから正社員に登用された場合、登用された年月を記入しましょう。

派遣社員

これまで働いてきた派遣元企業(派遣会社)が複数ある場合

これまで働いてきた派遣元企業(派遣会社)が複数ある場合

派遣元企業(派遣会社)は少なく派遣先が複数ある場合

派遣元企業(派遣会社)は少なく派遣先が複数ある場合

派遣社員として働いてきたキャリアを履歴書の職歴欄に表す場合、派遣元企業(派遣会社)と派遣先の情報を分けながら分かりやすくまとめる必要があります。派遣で働いていると、派遣元企業(派遣先)は長年変わらなくても、派遣先が変わっていくこともあるため、もし職歴欄に書ききれる程度に派遣先が変わった場合には、派遣先ごとに就業年月を書くと良いでしょう。派遣先が書ききれないくらい変わっている場合には、派遣元企業(派遣会社)からの勤務開始年月と退職日を記入し、詳細情報は職務経歴書に記載するか、登録時に伝えましょう。

パート・アルバイト

パート・アルバイト

過去にパートやアルバイトの経験しかない場合でも、仕事をしていたことにまったく変わりはないため、自信を持って職歴欄に記入しましょう。転職が多い場合でも基本はすべての職歴を書くことを心がけるように。あまりに多く書ききれない場合には、3カ月以上働いたものや、応募職種に関連するものだけを記入するのが奥の手です。
「学校を中退している」「転職回数が多い」など、不利になることを心配して記入をためらう方もいるかもしれませんが、学歴・職歴はすべてを正直に書くことを基本としましょう。志望動機の欄を利用して、中退理由や転職理由について具体的に説明し、続けて今回の就職にかける想いを伝えることでフォロー可能です。また、業務内容など職歴の詳しい記述は職務経歴書に譲り、履歴書では全体の流れがわかるよう、シンプルな記述を心掛けましょう。

採用担当者に聞いた!これってOK?NG?

学歴・職歴は採用の
判断基準になる?

採用の判断基準になるのは学歴より職歴!

画像を拡大する 画像を拡大する
  • その案件の採用イメージに親和性のある職種、あるいは経験者であれば評価につながります。(株式会社ディンプル)

  • 希望職種に近い内容のご経験があると採用されやすいです。(事務・オフィス系 派遣会社)

  • 望する案件に近い経験があれば採用の可能性が高まります。(株式会社ジョブコム)

  • スキルを求められている職場を希望する場合は特に、実務経験が書いてあると良いです。(事務・オフィス系 派遣会社)

転職回数が多い場合、
履歴書にはどのように書くべき?

転職回数が多くてもすべて記入しよう!

画像を拡大する

職歴が多い場合、
どのような印象を持つ?

いろいろな経験をしている印象!
しっかりと説明できれば問題なし!

画像を拡大する

アンケート結果からはほとんどの企業が一部の職種や雇用形態を除き、学歴を判断基準にしていないという結果に。気にしすぎることなく、正々堂々と書きましょう。また、転職回数が多いことが、即マイナスのイメージになるわけではありません。これまでの職歴の中に応募先と関連のある職種があれば採用担当者に好印象です。志望動機欄を利用して、「これまでの経験で得られたこの知識やスキルが、今回志望している職種で活かせるはず」という流れをアピールできるといいですね。職歴は正直に書いた上で、退職理由を自分の言葉で話せるようにしておくこと。そしてこの会社で、がんばりたいという気持ちもしっかりと伝えていくことが大切です。

入学・卒業年度を自動計算

履歴書の学歴・職歴欄作成に!入学・卒業年度計算ツール(早見表)

あなたの生年月日を入力してください

入力した生年月日に応じて、入学・卒業年度が自動計算されます。

西暦 和暦 学歴 編集
- - 3月 中学校 卒業
年間在籍
- - 4月 高等学校/
高等専門学校 入学
- - 3月 高等学校/
高等専門学校 卒業
年間在籍
- - 4月 大学/
専門学校 入学
- - 3月 大学/
専門学校 卒業
年間在籍

計算結果は、一般的な在籍年数(中学校3年/高校3年/大学4年)が表示されるので、年数が異なる場合はプルダウンで在籍年数と入学時期を選択してください。選択すると、自動で再計算されます。大学院を記載したい場合は履歴書に追加してください。

フォーマットのダウンロードはこちら

↑

お知らせ

閉じる