• このエントリーをはてなブックマークに追加
iryo

看護師・准看護師【職種図鑑】

チーム医療で患者を支える、看護のスペシャリスト。

paper
  • 採用担当者へ聞いた!
  • 経験者の声
グラフ

データで見る看護師・准看護師

平均時給
未経験OK
1,911
経験必須
1,956

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

2,542
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、
グラフについては、2019年12月22日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
辞典

看護師・准看護師のお仕事とは?

看護師・准看護師のイメージ

医師の診療補助や医師の指示に基づいて行われる医療行為(点滴や注射、バイタルチェックなど)と、療養上の世話(患者の食事や入浴の補助、体位変換など)がメインの業務です。看護師は自らの判断に基づいた看護計画を立て実践することが出来るのに対し、准看護師は医師や看護師の指示に従い業務を行います。しかし、看護師と准看護師は基本的に同じ医療行為が可能なため、業務の内容にほとんど変わりありません。勤務先は総合病院やクリニックの他、介護施設やデイサービス、訪問看護ステーション、病児保育施設など、多岐にわたります。勤務先の性質により、手術の準備や手術中の医師の補助を行ったり、施設利用者の健康管理が主業務だったり、受付業務を兼ねたりと、働き方や業務内容が変化します。
医師や理学療法士、介護職員など、様々な専門性を持ったスタッフとチームを組み、患者や利用者の健康のために尽力する仕事。患者と医師の橋渡しとしての役割も期待されます。専門知識とコユニケーション能力、気配りが大切な、医療現場には欠かすことのできないスペシャリストです。

業務リスト
  • 身体介助
  • 外出介助
  • リネン交換
  • 送迎業務
  • 医療相談受付
  • ご案内業務
  • 患者搬送
  • 機能訓練業務(リハビリ)
  • 健康管理(バイタルチェック等)
  • 薬剤介助
  • 応急措置
  • 使用機器洗浄・管理
  • アクティビティケアの企画・実施
  • 介護記録作成
  • 訪問介護
  • 備品管理
  • 買物代行
  • 保健指導
  • メンタルケア
  • 病児・病後児保育
  • 清掃(院内・介護先等)
  • 介護指導
  • 現場責任者(ケアワーカー)
  • 要介護認定申請の援護
  • 介護スタッフの調整
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

身に付く!
  • 医療や看護に関する知識
  • 医療行為のスキル
  • コミュニケーション能力
ステップアップ!
  • 看護・介護の現場経験を通して幅広いキャリア形成が可能
業務経験を積むほどに、医療や看護に関する知識が深まり、医療行為のスキルもアップします。また、患者とのふれあいを通じて、コミュニケーション能力が向上すると共に、患者の病状や精神状態に対する洞察力も深まることでしょう。
総合病院で長期間勤務してマネジメント的な役割を担うことも、クリニックや訪問看護など様々な職場での勤務を経験した上で、自分の望む方向性を見出しそちらに舵を切ってキャリア形成することも可能。また、結婚や出産などの理由でキャリアが中断しても、看護師・准看護師の資格を持っていれば復職が比較的容易なことも、この仕事の魅力です。医学は日々進化し続けているので、常に新しいことを学ぶ努力は必要です。それを前提として、資格を持っている強みを生かした自分なりのキャリア形成を考えてみるとよいでしょう。
初心者

未経験から挑戦できる?

看護師は国家資格を、准看護師は都道府県知事免許を取得することが必須条件です。資格取得をクリアしてさえいれば、未経験からスタートできる職場は多数存在します。ただし、最初の数年は技術や配属先の専門知識の習得にかなりの時間が割かれます。一定の経験を積み、知識やスキルを習得すれば、自分の希望や都合に合った職場への転職も可能。仕事にブランクがある人への職場復帰を支援してくれる病院や施設もあるので、再スタートを目指す人はそのような職場を探してみるとよいかも知れません。
新卒現場未経験でも、ブランクがあっても、挑戦できる職場はあります。自分がやりたいことをハッキリさせて、仕事探しをすることをお勧めします。

未経験OKの割合
※2019年12月22日 はたらこねっと掲載案件より
ほんとに、未経験OKなの?

未経験OKと記載があっても、「業界、業種の未経験はOKだけれど、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、PCスキルは必要」といった場合があります。「未経験OK」といっても、その解釈はお仕事により様々です。詳しくは下記の「採用担当者に聞いた」をご覧ください。

採用担当者に聞いた 派遣会社の採用担当者さんに、ホントのところを聞いてみました!
こんなスキル、人物が求められるお仕事です。

「看護師」または「准看護師」の資格が必須となります。
看護のお仕事というと、病院やクリニックがイメージされますが、私たちがご紹介している職場は、介護施設や保育園となります。
これらの職場のメリットは2つ。特にご結婚や出産で、一度医療の現場を離れられた方にはオススメの職場です!
①日勤のみで働ける
介護現場や保育園では、多くの場合、9時から18時など日勤のみで就業する事が可能です。
場合によっては、10時から17時など時短も可能なので、まずはお気軽にご相談下さい。
②長期ブランクがあっても大丈夫
医療施設と違い、介護施設や保育施設はあくまでも「生活の場」になります。
高齢者や乳児が対象となりますので、内科や小児科経験があるとベターですが、基本は「健康管理」となりますので、就業にあたってご経験はあまり問われません。
(株式会社ニッソーネット 大阪本社 川村様)

就業先は病院や介護施設、企業内保健室、イベントや旅行の付添添乗業務があります。
ほとんどが臨床経験を求められる就業先です。現在の看護師さんに求められるものは、スキルは当然ですが接遇面が非常に大きいです。
技術が高いからと言って好き勝手にふるまっていると確実にクレームに繋がります。相手の立場になって物事を考えられる方はどこの就業先でも人気です。
(株式会社シグマスタッフ 目黒本社 中村様)

こんな資格や業務経験がいかせます。
資格

■看護師 ■准看護師 ■介護福祉士 ■保育士

スキル・経験

■内科経験

■小児科経験

■採血、注射、点滴の経験

■心電図の経験

こんな人におすすめのお仕事です。

人と接すること、コミュニケーションを取ることが好きな人に向いています。人の役に立ちたい、苦しんでいる人を助けたいといった気持ちがある人なら、やりがいを感じながら働き続けられます。また、自分の専門性を深めていきたいという向上心のある方や、専門知識を生かして長く働きたい、という方にもおすすめ。ライフステージに合わせた働き方を選ぶことで、長く働き続けることができます。

派遣会社では、派遣スタッフさんへ向け、様々な研修を用意しています。
未経験の場合でも、研修を受けてスキルを身に付けておくと安心できますね!
どんな研修があるか、登録した派遣会社へ確認してみましょう!

看護師・准看護師 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

今は透析クリニックで外来勤務しています。週に3回は患者さんに顔を合わす事になります。中にはスタッフに会うのを楽しみこの辛い治療を受けに来られる方もいます。しばらく会わなかった方に挨拶に伺うと、嬉しそうな顔をして招いてくれます。そんな時に嬉しさを感じます。又、直接命に関わる仕事をしていますが、トラブルなく全患者さんがその日の透析を終えて帰宅するとホッとします。
(ぱん様・31歳・経験5年以上)

看護師をしていて良かったと思えるのは、患者さんが退院後に元気な姿で会いに来てくれたときです。
生活習慣病の患者さんで退院後に生活を改善して、疾患が改善したと教えてくれた時や、入院中に私たちがしたことが嬉しかった、と言ってくれた時は本当に嬉しくなります。
(ベルベル様・29歳・経験5年以上)

病院では、様々な病気を抱えて入院をしてくる患者様がいます。痛みや発熱など、辛い症状が出てくる方もたくさんいます。そんな時には、医師からの指示薬などを使用し緩和できるようにします。そんな患者様が無事に治療を終えて、元気に退院する姿を見たときには、やりがい感があり、この仕事をしていてよかったといつも思っています。
(fireman5956様・32歳・経験5年以上)

患者さんが看護によって順調に回復していく経過や様子が分かる時はやっぱり嬉しいです。患者さんの笑顔をみれたときもそうですが、患者さんや利用者さん、そのご家族に感謝していただいたときはこの仕事をやってて良かったと思えます。
(ほゆ様・40代・経験5年以上)

この仕事の厳しさ

元気に退院できる方もいれば、病院で最期を迎える方が多いのも現状にあります。新卒の頃は慣れていないので、人の死というものに対応するのが大変でした。また家族への声かけをしっかり行うことが、亡くなった後の心のケアに繋がるので、配慮を最大限行うことが大変だといつも思っています。
(fireman5956様・32歳・経験5年以上)

やはり命を守る仕事なので、責任が重くのしかかります。また、チームで看護しているので休日も自分の仕事に漏れがなかったかが気になる時があります。生活リズムが不規則であることやそういった心配が常につきまとうのですが、人手不足もありなかなか休みづらい時もあり大変です 。
(ちー様・28歳・経験5年以上)

自分たちが頑張って看護をしても報われない時はとても辛く、やりきれない思いになります。
患者さんの辛さを緩和できなかったり、思いをくめないとき、治療がうまくいかないとき、医療者間でカンファレンスをしても改善できないときは辛く感じます。
(ベルベル様・29歳・経験5年以上)

こんな職種から転職しました!

前は工場で花火を作っていました。転職のきっかけは、メインはやはり男の人だったので女の私はサブの仕事しかさせてもらえない事に不満を感じたためです。18歳から入り若かった事もあり、3.5年で挫折して転職という形を取りました。
看護師になったきっかけは母親が看護師だったからです。看護師である母を祖母が誇らしく思っている事を知り他に何の職をしようか探していましたので、駄目もとで看護学校を受け受かりました。
(ぱん様・31歳・経験5年以上)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。