派遣/求人情報ならはたらこねっと  > 無期雇用転換ルール(2018年問題)について|みんなの声レポート|はたらこねっと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの声レポート みなさんの生の声をご紹介します

「2018年問題(無期雇用転換)」について

受付期間:2018/1/15~2018/2/12

5年以上働いた有期契約労働者が無期雇用に転換する申請を雇用企業に対して申し込めるようになる、いわゆる「無期雇用転換ルール」が2018年4月から適用されています。
無期雇用転換と聞くと、これまで有期雇用で働いてきた被雇用者が恩恵を受けることができるように思えますが、本当にそうといえるでしょうか。今回は無期雇用転換ルールの施行にあたって発生するであろう懸念点(=2018年問題)を実際の被雇用者たちへのアンケート結果も踏まえて確認していきます。また、無期雇用転換を視野に入れている方には、自らのキャリアについて再考する機会としていただければ幸いです。(有効回答数:1369)

2018年問題の基礎知識

「無期雇用転換」ルールとは、同一の使用者(企業)との間で、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合、有期契約労働者(契約社員、パートタイマー、アルバイトなど)からの申し込みにより、所定の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。有期契約労働者が使用者(企業)に対して、無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します(使用者は断ることができません)。

参考文献:「有期契約労働者の無期転換ポータルサイト~無期転換を円滑にサポートします~」厚生労働省HP
http://muki.mhlw.go.jp/overview/part_time_job.html

01

無期雇用転換ルールを知っていますか?

雇用者のうち、過半数超えの68%が「あまり知らない」「まったく知らない」という結果に。

5年以上働いた有期契約労働者を無期雇用にする「無期雇用転換」。
実際のところ、雇用者は無期雇用転換の内容(ルール)をどれくらい認知しているかを調査しました。
結果は、無期雇用転換ルールについて「あまり知らない」、「まったく知らない」と答えた人が過半数を超える68%でした。
無期雇用転換という言葉については聞いたことはあるけれどもその実態やどうしたら無期雇用になるのかは知らないというような声も多くありました。

Q無期雇用転換ルールを知っていますか?
無期雇用転換ルールを知っていますか?のグラフ
よく知っている 少し知っている
あまり知らない まったく知らない
02

無期雇用転換には賛成ですか?反対ですか?

「賛成」が57%と過半数超えの結果に。賛成理由は、「雇用の安定が保証されるため」が33%。

無期雇用転換の賛否について聞いてみたところ、過半数以上の57%が賛成となり、反対を上回りました。 ですが、前問での結果同様、「わからない」37%も賛成に次いで多い結果となりました。賛成意見では、 「雇用の安定が保証されるため」が33%で最多、次いで「同じ仕事を続けられるため」18%という意見が多く見られました。 前問からわかるように、無期雇用転換についてあまりよく知られていないことから、「わからない」37%という意見も多数でした。

Q無期雇用転換には賛成ですか?反対ですか?
無期雇用転換には賛成ですか?反対ですか?のグラフ
賛成 反対 わからない

Q無期雇用転換への賛成理由
無期雇用転換への賛成理由のグラフ


賛成は「雇用が安定するから」という意見が多く見られたわね。契約更新のたびに不安になることなく、同じ仕事を続けられることは魅力的ね。 待遇改善や正社員登用される機会が増えることを期待する声もあったわ。

03

無期雇用転換を希望しますか?

半数を超える65%が「希望したい」、「すでに希望した」方はわずか3%。

無期雇用転換を「希望したい」と回答したのは65%と半数を超え、「希望したくない」14%を上回る結果となりました。前問にもあったように、「安定して働ける」という意見が多数でした。「希望したくない」の理由としては、「お給料が変わらないため」「今のままで良い」という意見が多数見受けられました。
一方で、すでに「希望した」という方は、「既に希望したが、受諾されていない」と「既に希望して受諾されている」を足してもわずか3%で、ルールの浸透度の低さがうかがえます。


Q無期雇用転換を希望しますか?
無期雇用転換を希望しますか?のグラフ
希望したいと思う 希望したいと思わない 既に希望したが、受諾されていない
既に希望して受諾されている その他

みんなの声
<無期雇用転換を希望したい> 「安定して働き続けられそうだから」
  • 私自身何度か転職を経験しており、結果、この先は腰を据えて働きたいという思いがあるため。(きょんさん)
  • 次の更新があるのかないのか常に派遣切りの不安があるため、無期の契約ができれば更新ごとの不安もなくなるかと期待しています。(ととさん)
  • いつ雇止めをされるのか不安が消えない状態で働き続ける負担がなくなるのは良いと思う。自分の能力や条件にあった職場なら長く働きたい。(Ukkaさん)
  • 正社員ほど責任を求められないけれど、いろいろと充実しそうだから。(しいさん)
<無期雇用転換を希望したい> 「正社員になれる可能性がありそうだから」
  • 正社員に登用される機会が増えると思うため。(ぴっころさん)
  • 雇用状況が安定し正社員の登用の可能性があるから。(カイウンさん)
  • 正社員になれるチャンスが欲しいです!(バロンさん)
<無期雇用転換を希望しない> 「お給料は変わらないから」
  • 正社員とは同じ時間働いているにも関わらず、派遣は賞与は出ないし、どんなに仕事をこなそうと時給は変わらないから。(kellyさん)
  • 正社員と給料、福利厚生、仕事内容に関して差があると思うから。(ゆうゆさん)
  • 結局のところ正社員とは違うので、ボーナスがないから。(tosiさん)
<無期雇用転換を希望しない> 「今のままの働き方が良いから」
  • ルール自体は良いと思うが、個人的には短期の仕事をしたい。同じ仕事を長くしたくないので。(雪さん)
  • 自分には派遣でいるメリットのが高いと思っているので。(まちゃよさん)
  • 仕事が合えばいいが、周りの人間関係も含めて合わないと次を探すことになる。自分の条件も変わっていくので長期雇用は考えてしまう。(ともっちさん)

やはり「安定するので希望したい」という意見が多数ね。「正社員になる機会が増えそう」という前向きな意見も多かったわ。 「今のままで良い」という意見もあって、自分に合った働き方を見つけることが大切だと感じたわ。

04

無期雇用転換によって不満は解消される?

「不満は(やや)解消される」が63%!残る不満として、「給与面が気になる」という意見が多数。

「無期雇用転換によって不満は解消される」と答えた方が、「やや解消される」を含めて6割を超えました。一方で、「解消されない」理由として多かったのは、 「仕事内容や時給が変わるわけではない」「ボーナスはない」という意見。また、「雇用を切られない、という確証がない」といった意見も多く見られました。

Q「無期雇用転換」によって不満は解決されると思いますか?
「無期雇用転換」によって不満は解決されると思いますか?のグラフ
不満は解消される 不満はやや解消される
不満はあまり解消されない 不満は解消されない

みんなの声
解消される!
  • きちんと仕事をしていればその人自身の為にもなるし、会社の為にもなると思います。(watosons55さん)
  • 安定性を得られるのは良いと思います。(ひなたさん)
<解消されない>お給料面
  • 仕事内容が変わるわけではないので待遇面が変わらなければ意味が無い。(kochinさん)
  • 正社員と同じ仕事、同じ時間働いているのに給与やボーナスの面で不利だと思うので。退職金や休暇などの福利厚生においても保証される確証がない。(まゆひめさん)
  • 無期雇用になっても賃金は同じまま、正社員と同様の仕事をさせられる可能性があるから。(八木さん)
<解消されない>会社によるのでは…
  • 「無期雇用社員なんだから」と、会社に都合のいいように使われたらと考えてしまいます。(Mogumoguさん)
  • 無期雇用と言えども、正社員になれない限り契約が無くなる可能性があり不安がある。(バナナさん)
  • 雇用形態がかわったとしても、仕事内容や会社内の待遇は変わらないと思うから。(はーちゃんさん)

質問①でも見たように、そもそもどんなルールかわからない方が多いようです。詳しく知って、自分にはどういった雇用形態で働くのが一番良いのか見極められると良いですね。