派遣/求人情報ならはたらこねっと  > 「遠隔面接」について|みんなの声レポート
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
みんなの声レポート みなさんの生の声をご紹介します

「遠隔面接」について

受付期間:2018/3/12~2018/4/8

今回は、遠隔面接について皆さんがどのようなイメージを持っているのか、また、実際に受けてみた方にはどんな方法で受けたか、どのような理由で受けたかを聞いてみました。
回答してくださった方の多くはまだ受けたことがないということでしたが、実際に受けてみた方の意見では「便利」や「効率的」という声が見られます。
どんなことがメリット・デメリットと感じられているのか調査してみました。
(有効回答数:1445)

01

遠隔面接を受けたことがありますか?

ほぼ8割が「受けたことがない」、実際に受けたことがあるのはわずか18%。

直接企業などに赴いて行う面接ではなく、何らかの媒体を使用して行う「遠隔面接」。
実際のところ、どのくらいの方が受けたことがあるのかを調査しました。
遠隔面接を「受けたことがない」が79%と約8割、「受けたことがある」のは20%にも満たない結果でした。 

Q遠隔面接を受けたことがありますか?
グラフ:遠隔面接を受けたことがありますか?
遠隔面接を受けたことがある  遠隔面接を希望していたが、応募先企業が実施していなかった
応募先企業が遠隔面接を実施していたが、希望しなかった どの遠隔面接も受けたことがない 

実際に遠隔面接を受けたことがある方はまだ少ないわ。まだまだ浸透していないようね。また、企業側も取り入れている会社は多くはなさそうよ。

02

遠隔面接を受けたことがある方に聞いた!「理由」と「方法」

遠隔面接を受けた理由は「応募先企業が遠隔面接しか実施していなかったから」「交通費がかからずに済むと思ったから」が同率26%。
面接方法は電話が最多の52%。

遠隔面接を受けたことがある方の遠隔面接を受けた理由で多かったのは「応募先企業が遠隔面接しか実施していなかったから」「交通費がかからずに済むと思ったから」が同率26%で最多意見でした。
「外出がない」という意見も多く見られています。
また、遠隔面接の方法は「電話」で行うが1番多く52%、次点で「Skype」が22%と続きました。

Q 遠隔面接を受けた理由は?
グラフ:遠隔面接を受けた理由は?
Q 遠隔面接の方法は?
グラフ:遠隔面接の方法は?

外出をせずに面接を受けられるのはとても魅力的ね。多くは声のみの電話面接が多いみたい。電話の他にも、近年はテレビ電話を含む通話無料媒体が増加したためか、遠隔面接の取り入れを検討している企業も増えているようよ。

03

遠隔面接をしたことがない方に聞いた!「受けなかった理由」

遠隔面接をしなかった理由最多は「慣れない方法で不安を感じたから」20%。「直接会って話がしたかったから」17%が次点。

遠隔面接をしなかった理由最多は「慣れない方法で不安を感じたから」20%でした。「直接会って話がしたかったから」17%、
「会社の様子など自分の目で確かめたかったから」16%が続いています。また、「通信状況によっては話や映像が途切れそうだったから」6%という意見もありました。

Q 遠隔面接を希望しなかった理由は?
グラフ:遠隔面接を希望しなかった理由は?

面接に出向く必要がない分、直接担当の方と会えないことや会社の様子を直接見られないことがデメリットとして挙がっているわね。また、通信状況の不安は、面接の他に要らぬ緊張になりそうね。

04

遠隔面接を受けたいですか?

約半数の53%が「受けてみたい」、しかし「受けてみたいと思わない」も44%と差はほとんどなし。

約半数の53%が「受けてみたい」と回答しました。最多理由は「交通費がかからずに済むから」23%、続いて「効率的に就職活動ができるから」19%という結果でした。反対に「受けてみたいと思わない」と答えた方も44%と大差ない結果でした。こちらの最多理由は「直接会って話がしたいから」「会社の様子など自分の目で確かめたいから」が同率19%でした。

Q 遠隔面接を受けたいと思いますか?
グラフ:遠隔面接を受けたいと思いますか?
受けてみたいと思う  受けてみたいと思わない その他
Q 遠隔面接を受けてみたい理由
グラフ:遠隔面接を受けてみたい理由
Q 遠隔面接を受けてみたくない理由
グラフ: 遠隔面接を受けてみたくない理由

やはりどちらも先の質問同様の結果になったわね。交通費がかからず、効率的に就職活動ができるというメリットがある分、直接会えない、直接見られないというデメリットもあるわ。

05

副業をするメリット・デメリットは何だと思いますか?

遠隔面接についての印象は?
<利用したい>便利!効率的!
  • 実際に電話面接をしました。電話面接後、すぐに仕事が決まったのでとても便利です。気軽に応募することが出来るので重い腰が上がりました。(まっきーさん)
  • 家で面接をすることにより、いつもの様なリラックスした気持ちで面接ができるので、すごくいい制度だなと思います。(ちろたさん)
  • 自宅にいながらにして面接が実施できるため、時間、経済の両面で効果的であり非常に望ましい方法だと思います。(タイガードラゴンさん)
  • 各地方の様々な経歴を持った方と手軽にやり取りすることができる為、応募者の幅が広がると感じます。(riricoさん)
<考えたい>デメリットをどんな形でバックアップしてくれるか知りたい
  • メリットは、気軽で行く手間と交通費がかからず便利なところ。デメリットは気軽な分、仕事を斡旋していただけるのか、また対面して面接しない分、面接官と会社の印象が目に見えず不安を感じるところです。遠隔面接実施後の会社のアフターフォロー等で不安材料が軽減できるかと思います。(TYさん)
  • メリット:時間の調整がなくて良い。デメリット:対面でないので細かなニュアンスが伝わりにくい。(まゆみさん)
  • 直接面接との違いが雇用サイドでどのように違うかは想像できない。こちらとしては抵抗がない。登録にいっても年齢等で却下されることを考えると、交通費、時間的ロスが少ないとは思う。スキルチェックはどのようにするかは疑問。(ラトムさん)
<受けたくない>やはり直接が良いのでは
  • 会わずに面接は、本当のお互いの良さがまだ解らない気がする。(ひろーみぃさん)
  • 今まで、経験したことがないから…戸惑う気持ちがあり良い印象はしません。(ロビン622さん)
  • あまりいい印象はない、、直接会って話した方が人間性やその人がどの様な人か伝わりやすいと思う。(みーにゃさん)
  • 実際に対面できないため、お互いの本性を分からない気がする。(あいめいさん)

一番の不安は対面でないことがやはり大きいようね。メリットも大きい分、デメリットをもっと減らしたいところだわ。企業側のバックアップにも期待の声があったわ。

06

遠隔面接を受けるなら、「一番便利だと思う方法」

「電話」が37%で最多、次いで「LINE電話」22%。

約半数が直接顔を合わせない「電話」37%「LINE電話」22%と回答しました。アプリなどのインストールは手間がかかることや通信費の不安があるようです。

Q 一番便利だと思う方法は?
グラフ:一番便利だと思う方法は?

双方の都合の良い時間にかけられることが一番のメリットね。ただし、声だけで自分を知ってもらうことは簡単ではなさそう。今後、遠隔面接がどのように取り入れられていくか動向が気になるところだわ。