新型コロナウイルス感染症の影響で離職された方へ

宮城県内でまた働こうと思ってくれて、ありがとうございます。

ここでは、新型のウィルス感染症の影響で
宮城県内で離職された方を正社員として雇用する
「みやぎ正社員雇用緊急対策事業」に
賛同してくれた企業だけを集めています。
あなたにぴったりの一社が見つかることを心から願っています。

正社員の仕事を探す

新型コロナウイルス感染症の影響で離職した方とは

たとえばこんな方

松島さん(33歳)

元居酒屋勤務。時短勤務要請により勤務時間を減らされ、給与は3分の2ほどに。貯金を切り崩してなんとか生活していたが、底をつきそうなので転職を決意。

白石さん(24歳)

元アパレル販売員。新型コロナウイルスの影響で売上が激減し、お店は閉鎖。県外の店舗での勤務を勧められたが、結婚を控えており、地元を離れることができず退職。

栗原さん(40歳)

元ホテル勤務。観光客激減による売上悪化で、人員削減の対象者となる。正社員からアルバイトへの労働条件の変更を提案されたが、生活ができなくなるため退職を選択した。

対象者要件

「対象者」とは、県内の事業所に勤務していた者又は県内に居住し県内事業所への採用が決定していた者で、令和2年3月11日以降に非自発的失業者となり、次の各号に掲げる要件のいずれも満たすものをいいます。

(1) 雇い入れ事業主との関係において、雇入日の前日から起算して過去1年間に、雇用、請負、委任、出向、派遣の関係により当該雇い入れ事業主の事業所において就労したことがないこと。 ただし、有期雇用契約で就労していたところ、当該有期雇用契約期間内に就業規則等に定める基準により、常用雇用に移行し、又は同期間満了日の翌日から常用雇用に移行した場合には、この限りではありません。
(2) 雇い入れ事業主の事業所の代表者又は取締役の3親等以内の親族(配偶者又は3親等以内の血族若しくは姻族)でないこと。
(3) 雇入日において県内の事業所で就労していること。
(4) 解雇・雇い止めの場合、離職理由が、次のイからホのいずれかに該当すること。
イ 解雇(天災その他やむを得ない理由により事業の継続が不可能になったことによる解雇又は被保険者の責めに帰すべき重大な理由による解雇以外)
ロ 特定雇止めによる離職
ハ 特定理由の契約期間満了による離職
ニ 事業主からの働きかけによる正当な理由のある自己都合退職
ホ 事業所移転に伴う正当な理由のある自己都合退職

正社員の仕事を探す

新型コロナウイルス感染症に罹患された方とその関係者の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
また、感染拡大防止にご尽力いただいている皆様、感染者の診断や治療にあたられている
医療関係の皆様に深く感謝の意を表します。
宮城県では、新型コロナウイルス感染症の影響により離職を余儀なくされた方等の早期再就職を促進するため、
「みやぎ正社員雇用緊急対策事業」を創設しました。