派遣/求人情報ならはたらこねっと  > 紹介予定派遣Q&A | 紹介予定派遣ならはたらこねっと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

紹介予定派遣Q&A

紹介予定派遣の仕組みやキャリアチェンジ、面接マナー、
社会保険についてなど、いざ利用しようと思うとさまざまな悩みが出てくるはず。
面接から入社決定まで、紹介予定派遣にまつわる疑問についてお答えします。

紹介予定派遣の仕組み

Q. 紹介予定派遣を利用するには?

まずは「はたらこ紹介予定派遣」サイトで希望のお仕事を見つけてみましょう。勤務先公開のお仕事や大手企業のお仕事を探している方は各地域のトップページから1クリックでお仕事一覧を見ることができます。また、複数の条件から探したい方は「すべての希望条件を設定してさがす」から、そのほか職種や勤務地、派遣会社からもお仕事が探せます。希望にピッタリのお仕事を見つけたら早速エントリー。エントリー後、1週間位のうちに派遣会社から連絡がありますので派遣スタッフとして登録した後、お仕事紹介がスタートします。

Q. 派遣で働く期間はどれくらい?

派遣で働ける期間は法律で最長6ヵ月と定められています。試用期間と捉え、通常は2〜3ヵ月に設定されているケースが多いようです。

Q. 必ず正社員になれるの?

派遣期間終了後就業先と本人双方の合意があると企業に直接雇用され正社員になることができます。ただし紹介予定派遣でいう直接雇用とは正社員だけではなく、契約社員やアルバイトも含まれますので、派遣開始前にしっかりと確認しておきましょう。

Q. 社員になった後に試用期間はあるの?

紹介予定派遣期間は試用期間とみなされ、入社後に試用期間が設けられることはありません。

Q. 自分から入社を辞退しても大丈夫?

紹介予定派遣は双方の合意のもとに成り立つ制度のため、入社を希望しない場合は派遣期間中または終了時の意思確認の際に入社を断ることができます。入社を断る際は派遣会社がサポートに入ってくれるので、断る理由をきちんと伝えましょう。反対にスキルが充分でなかった、業務への適性が認められなかった場合などには、企業側から採用を断られることもあります。

Q. 社員になれなくてずっと派遣ってことはあるの?

最初に契約を交わした派遣期間が終了し企業側が直接雇用を望まない場合、または入社を断った時は契約が終了となります。

Q. 就業前に直接雇用後の待遇や条件は分かるの?

派遣就業前に直接雇用後の給与や待遇、条件などを教えてもらえるケースが一般的ですが、稀に派遣期間中に社員採用後の待遇を交渉する場合もあります。待遇、条件面については直接就業先に聞きづらい部分ですので、気になる点があれば派遣会社を通じて確認すると良いでしょう。

Q. 社員雇用時の給与交渉は自分でするの?

派遣先企業との交渉には、派遣会社が介入することができます。給与・待遇面など直接雇用における条件提示について3者間で確認したり、交渉を派遣会社に委ねることも可能です。自分で交渉するのは苦手という方は、派遣会社に希望条件をしっかり伝えて交渉をお願いすると安心です。

▲ページトップへ

キャリア・お仕事

Q. 社会人経験が少なくても利用できるの?

社会人経験が少なくても紹介予定派遣を利用することができます。新卒や第二新卒の方は事前に派遣会社で必要な知識やスキルを身に付けてから派遣先に就業する「新卒派遣」という働き方もあります。「新卒派遣」の雇用形態は紹介予定派遣を前提とするケースがほとんどです。

Q. 未経験の職種にキャリアチェンジできる?

紹介予定派遣の場合、未経験の職種でも将来の期待や派遣期間中の仕事ぶりを見て採用を判断してくれるため、キャリアチェンジできる可能性は十分にあります。派遣就業中は仕事への意欲をアピールし、足りないスキルを補うなどして、前向きに取り組むことが大切です。また、入社前に本当に自分に合っている仕事か判断できるよい機会ですので有効に活用しましょう。

Q. 紹介予定派遣を利用している会社はどれくらい?

一般の派遣に比べ紹介予定派遣を利用している企業の割合はまだ少ないのが現状ですが、年々企業の関心は高まりつつあります。平成19年度の厚生労働省発表によると、平成18年度に紹介予定派遣の申し込みをした企業は前年度に比べ15.6%アップしており、これからさらに伸びていくことが期待されています。

Q. 派遣期間中の働き方で気を付けることは?

派遣期間中は仕事内容を覚えるのはもちろん、仕事に取り組む姿勢を伝えることが大切です。経験職種の場合は直接雇用時の交渉に有利になるよう能力をアピールしましょう。また、積極的に周りの人と関わり、コミュニケーションをとることも大切です。社員として長く働くわけですから、環境を見極める期間と捉え、仕事内容や人間関係、社風などの情報収集をしっかり行い、入社後のギャップをなくすことが大切です。

Q. 紹介予定派遣を利用できる職種は?

一般の派遣で利用できる職種は紹介予定派遣でも同じように利用ができます。医療関連業務の派遣は以前は禁止されていましたが、2003年3月より病院・診療所以外(社会福祉施設等)で例外的に認められるようになり、2004年3月からは紹介予定派遣に限り医師、看護師等の派遣が可能になりました。

▲ページトップへ

応募・面接

Q. 正社員と同じような選考があるの?

紹介予定派遣では一般派遣で禁止されている派遣就業開始前の書類選考や面接、試験が認められているため、正社員と同じように面接を実施する企業もあります。すべての会社で面接を行うわけではありませんが、面接は自分をアピールする場ですので派遣会社のセミナーに参加するなど、事前に書類の書き方や面接対策をしっかりしておきましょう。

Q. 履歴書・職務経歴書の書き方は?

派遣会社に登録する際に提出を求められることが多い履歴書と職務経歴書。紹介予定派遣では書類選考が認められているため、派遣会社が応募時に送付してくれることも多いようですが、面接時に持参する場合もあります。応募書類の作成は今までの仕事を棚卸しするよい機会ですので、しっかりと準備をしておきましょう。

履歴書

履歴書は採用担当者が採用したい人材かを判断する基本材料となります。住所や職歴、取得資格などの事項はすぐに記入できるものの応募動機や自己アピールはなかなか文章が思い浮かばず空欄になりがちです。まずは丁寧な字でモレがないようにしっかりと書くことが大切です。写真も忘れずに必ず貼るようにしましょう。

職務経歴書

職務経歴書は履歴書だけでは伝えきれない今までの経験を細かく記入し、企業に自分のスキルやキャリアをアピールする重要な書類です。詳しい仕事内容や実績、身に付けたスキルを書くのはもちろんですが、見やすく分かりやすいレイアウトで作成することも大切です。手書きではなくパソコンで作成し、A4縦1枚でおさまるように作成します。記載する内容を整理して大項目を作り、見出しの文字サイズ、スペースをあける、表形式にするなど見やすくなる工夫をしましょう。企業が知りたがる、または自分が伝えたい内容を一目で分かるように作成すれば、忙しい担当者にもすぐに理解してもらうことができます。

内容は主に下記の点を整理してまとめます。

  • ・どんな会社で働いてきたか
  • ・どのような業務をどのぐらいの期間担当したのか
  • ・その業務でどのような実績を残せたのか
  • ・その仕事によって得た知識やスキルは何か
  • ・自己啓発や仕事に対する姿勢

Q. 面接前に準備しておくことは?

面接前は応募する企業や仕事内容の情報収集をし、うわべだけの返答にならないようきちんと理解しておくことが大切です。また必要な持ち物は事前に準備しておきます。

仕事内容

派遣会社に仕事内容を再度確認しておきます。職種名だけを聞いてイメージするのではなく、具体的な業務を確認し、自分が希望している仕事なのか、また経験を活かせる仕事なのかを客観的に判断します。

会社の事業内容

事前に会社名が分かっている場合は、会社の事業内容を確かめておくことが大切です。派遣会社に聞くのはもちろんですが、企業のWebサイトを確認してしっかり理解しておきましょう。仕事内容だけで応募し、あとから興味のない業界だったでは、せっかく入社が決まっても長続きしない可能性があります。

会社の社風、人間関係

事前に派遣会社の担当者に派遣先の社風や人間関係について聞いておくと入社後のイメージがつきやすくなります。

必要な持ち物

当日の持ち物は余裕を持って準備しておきます。慌てて外出するとつい忘れ物をしてしまいがちです。履歴書・職務経歴書を当日持っていく場合は絶対忘れないようにしましょう。そのほか、手帳や筆記用具、ハンカチ、女性はストッキングの予備などを備えておくと安心です。

Q. 必ず聞かれる質問は?

志望動機、前職の仕事内容や退職理由は必ず聞かれる質問ですので、事前に準備しておくと当日緊張することも少なくなります。ただし、丸暗記をしてそのまま発言するようなことはせず、自分の言葉で伝えることが大切です。また、分からない質問が出てきた時は素直にそのことを伝え、今後勉強していく意欲を表しましょう。

職歴を教えてください

今までの仕事内容を整理しておき、その中でも特に活躍した仕事や面接を受ける会社で役に立ちそうな経験を伝えます。派遣で働いた勤務先がいくつもある場合は、働いた期間や社数をまとめて主に経験した職種や仕事内容を伝えるとよいでしょう。

志望動機は何ですか?

なぜその会社に入社したいのか、どんな仕事をしたいかを伝えます。単なるあこがれと受け取られる曖昧な発言にならないよう、事前に会社の事業内容を調べて、自分なりに意見を述べられるようにしておきましょう。

前職の退職理由を教えてください

前職の会社の不満や愚痴を言うのはNGです。「やりたい仕事がある」「働きたい業界がある」など、前向きな退職であることをアピールしましょう。

今までの経験を当社でどう活かしていきたいですか?

経験に基づく具体的な仕事内容となぜその経験を活かすことができるか、理由をアピールできればベストです。そのほか、業務改善の取り組みや企画した経験など、仕事に対する積極性や向上心を伝えることもアピールにつながります。

Q. 面接の基本マナーは?

分かっているつもりでもいざ面接となると意外に基本マナーが思い出せないものです。また、派遣会社の担当者と一緒という安心感から、つい気がゆるみがちになります。面接官は社会人としての基本的なマナーができているかを必ずチェックしますので、もう一度基本を確認して社会人に相応しい対応をしましょう。

時間を守る

時間を守るのは社会人の基本マナーです。約束時間の5分前位に到着するのがよいでしょう。交通機関の影響で遅れることも考えて早めに家を出るのが無難ですが、どうしても遅れてしまう時は必ず派遣会社の担当者に遅れる理由と到着時間を伝えます。

入退室時の注意

面接室に入室するときは「失礼します」と言いながら入り、「どうぞお座りください」と声を掛けられてから着席します。その際、バッグは足元に置いておきます。退室時には「ありがとうございました」と必ず感謝の気持ちを伝えましょう。

面接中の注意

緊張するとつい指を触ったり、もじもじしたりと自分でも気付かないうちにそわそわしてしまいがちです。これでは落ち着きのない人と見られ、印象もダウンしていまいます。面接中は足をそろえて姿勢良く座り、手はひざの上に置きましょう。姿勢正しく座ると自分の気持ちも引き締まりますし、面接官にしっかりした人という印象を与えることができます。

印象の良い話し方

口をしっかり開けて質問にはハキハキと答えましょう。緊張すると早口になりがちですが、意識してゆっくり話すことを心掛けることが大切です。終始笑顔でいる必要はありませんが、うつむきがちだと暗い印象を与え、また発言も聞こえづらく自信がない印象を与えてしまいます。面接前に時間があれば、化粧室で口を動かし筋肉を緩めておくと自然と笑顔が作れます。

Q. 面接時の服装は?

人が相手を判断する際、第一印象の占める割合が大きいと言われています。服装がだらしないと、どれだけスキルや経験があっても、最初の印象でイメージダウンにつながってしまうかもしれません。必ずしもスーツを着ていく必要はありませんが、少なくともジャケットを羽おり、女性の場合はナチュラルメイクを心掛け、華美なアクセサリーは避けるようにしましょう。派遣先企業の業種や社風によって服務規程が違いますので、派遣会社の担当者に確認しておくと安心です。

▲ページトップへ

福利厚生・社会保険

Q. 社会保険は加入できるの?

派遣期間中は一定要件を満たせば派遣会社の社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に加入することができます。派遣期間終了後は、派遣先企業での直接雇用となるため、雇用先の企業の社会保険に加入することになります。

Q. 有給休暇はもらえるの?

派遣期間中は派遣会社から有給休暇が付与されている場合、派遣期間中に限り取得することができます。直接雇用後は就職先の企業から付与されることとなります。残念ながら、直接雇用した企業が派遣期間中の有給休暇を引き継ぐ義務はありません。

▲ページトップへ

紹介予定派遣のお仕事

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。

ピックアップ

  • 編集部が注目!20代・未経験でOK!?「事務職(無期雇用)」への道って?
  • みんなの声アンケート

はじめての方へ

編集部のオススメ!

  • ディップ株式会社は国際規格「ISO27001」及びその国内規格「JIS Q 27001」認証取得企業です プライバシーマーク