派遣/求人情報ならはたらこねっと  > 職務経歴書 プロジェクト式の作成ポイント! | はたらこエンジニア派遣
履歴書&職務経歴書カンタン作成講座
履歴書はパソコンで作成してもいい?スキルやキャリアを職務経歴書にどう書いたらいいか分からない!など、応募書類の作成ポイントを紹介します。ちょっと工夫するだけで見違えるほど見やすくなります。

プロジェクト式の作成ポイント!

プロジェクトベースで業務を行ってきた方におすすめ

プロジェクトを組んで開発を行うエンジニアや技術職の方には「プロジェクト式」がおすすめです。複数のプロジェクトに携わった場合、編年体式やキャリア式で書くよりも、プロジェクトごとに期間を併記し古いものから書くことでプロジェクトを軸にキャリア形成も把握できます。またここでも経歴が簡単に分かるよう冒頭部分に「編年体式」で簡単な職歴や職務内容を書き添えましょう。

プロジェクトの全体像を具体的にイメージさせる

携わったプロジェクトごとにプロジェクト名、システム内容、開発規模、使用機種、言語、そして担当した業務範囲や役割などを書くことでプロジェクトの全体像を具体的にイメージすることができます。ただし、業務内容が専門的で文章化してしまうと読みづらくなる場合は、表組みに整理して書くなどシンプルにまとめることが必要です。

最新のプロジェクトをアピールする場合は「逆編年体式」を併用

プロジェクトごとに古いものから順を追って書く「編年体式」はキャリア形成をアピールできますが、最新のプロジェクトをアピールしたい場合は「逆編年体式」を併用して新しいプロジェクトから書くことをおすすめします。この場合、新しいプロジェクトをより詳しく書くことで採用担当者は応募者のスキルをより具体的にイメージすることができます。ただし、進行中のプロジェクトや機密事項を含む技術内容については記載する際に十分注意しましょう。

プロジェクト式のサンプルをチェック!

エンジニア派遣のお仕事検索

ピックアップ

  • 編集部が注目!20代・未経験でOK!?「事務職(無期雇用)」への道って?
  • みんなの声アンケート

はじめての方へ

編集部のオススメ!

  • ディップ株式会社は国際規格「ISO27001」及びその国内規格「JIS Q 27001」認証取得企業です プライバシーマーク