>  >  > よく解る!マーケティング・企画【職種図鑑】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

マーケティング・企画【職種図鑑】

市場調査で顧客のニーズをキャッチ。売れる商品を考える戦略家

paper
  • 経験者の声
グラフ

データで見るマーケティング・企画

平均時給
未経験OK
1,578
経験必須
1,710

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

52
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、
グラフについては、2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
辞典

マーケティング・企画のお仕事とは?

マーケティング・企画のイメージ

マーケティング・企画の仕事は、主に企業のマーケティング部門や調査専門会社にて、新商品を開発したり商品改良を行ったりするために必要な情報を市場から集めたり、それを元にどういう商品にしたら売れるか企画を出したりする業務です。具体的には、インターネットや電話、郵送、街頭などで消費者の好みや流行、関心のあることなどをリサーチして調査結果をまとめ、消費者のニーズなどを分析するのがマーケティング業務になります。その調査結果やデータ、分析結果を元にして、消費者のニーズに合う「売れる商品」を考え、アイデアを出すのが企画の業務です。調査を行う対象は必ずしも個人の消費者だけでなく、会社が扱うサービスや商品によっては、企業が市場調査の対象になることもあります。また、会社によって業務の幅も多岐に渡り、プレスリリースの作成などPR業務を行う場合もあります。

業務リスト
  • 電話・メール応対
  • 来客応対
  • 原稿校正
  • 社内外資料作成(企画書・報告書等)
  • プロモーション企画・運用・管理
  • 商品企画
  • 市場調査
  • 販促品管理
  • プロモーションイベント準備・運営
  • 予算管理
  • データ集計・分析
  • 効果測定
  • 制作進行管理
  • 備品管理
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • 情報収集能力・情報分析力
  • コミュニケーション能力
ステップアップ!
  • 経営職やアナリストへのキャリアアップが可能
情報収集能力や情報分析力、業界知識を身に付けることができます。業務経験を積むうちに、世の中の流れを見る能力や、アイデアを出す能力、スケジュール管理のスキル、情報発信力なども身に付くでしょう。データ集計や報告書作成なども行うため、事務処理能力も身に付きますし、社内外の多くの人と関わる中でコミュニケーションスキルやビジネススキル、調整能力も身に付けることができます。
業務経験を積んだ後は、より責任のあるマネージャー職へキャリアアップすることも可能です。企画営業やラウンダーへの転職も可能になります。マーケティング理論や経営学、経営情報学、商学、経済学などの知識も身に付ければ、経営職やアナリストなどへキャリアアップが目指せるでしょう。
初心者

未経験から挑戦できる?

情報収集能力やデータ分析能力が必要な仕事なので、実務経験がない方は、日頃からインターネットやSNSなどを利用して情報収集を行い、新しい情報や新しい商品、話題になっていることなどをチェックしておくことが大切です。常に世の中の流行や動向にアンテナを張っておくようにしましょう。情報を収集したら、そこからどんなことが読み取れるのか考える力を養っておくといいでしょう。
また、データ集計などでエクセルを使用したり、プレゼンテーション用の資料をパワーポイントで作成したりすることもあるため、パソコンスキルも必須となります。

未経験OKの割合
※2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より
マーケティング・企画 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

商品づくりに自分のアイデアや意見を反映させることができる点に、やりがいを感じます。自分の関わった商品が世の中へ出て、多くの人たちに手に取ってもらえたり、使ってもらえたりすることも非常に嬉しいです。
世の中の流行を生むことも不可能ではない仕事なので、面白さも十分に実感できます。
(ジャスミン様・35歳・経験4年)

日々、その時々のトレンドを敏感に感じ取りながら働いているため、刺激的で自分のセンスの向上につながると思っています。自分の企画が採用されて、商品化され、世の中に出ていくのは、ものすごく大きな喜びであって、この仕事の醍醐味だと思います。
(mfam様・33歳・経験5年以上)

デジタルマーケティングの業務をしております。「この仕事に就いてよかったな」と思ったのは、やはり自分自身が企画した商法で売り上げ(CV / コンバージョン)が達成できたときです。
自分自身が立てた商材マーケティングで、商材がどんどん売れるときの快感こそ、マーケティング・企画の醍醐味ではないでしょうか。
(たろう様・30歳・経験1年)

とにかく市場分析を毎日のようにしているので、数字と少しの変化に気づくようになりました。また、説明をする時にも分析した結果を見せながら行うので、より言葉にも深みがまして相手を説得するのが以前よりもうまくいくようになったのがよかったと思うことです。
(furuyukei様・32歳・経験2年)

この仕事の厳しさ

マーケティング業務や企画で苦労したのは、やはり”キャッチコピー”の選定でした。「このタイトルと記事内容であれば、LP(ランディングページ)への誘導は間違いなく増加しCTR(クリック率)も上昇するだろう」と自信を持っていたにも関わらず、CL(クリック)が全くされないときは、胃が痛い毎日が続きました。
(たろう様・30歳・経験1年)

どんなデータを取ってどんな統計を出すのか、その統計データからどんな分析を行うのかなどによって、出てくる消費者ニーズの結果が異なります。
良い企画を出すためには、より有効になるデータを集め、消費者ニーズを正しく把握する必要があります。そのため、どんなデータを取るかを考えることや、その結果からどんなことを読み取るのかについては非常に難しい点だと思います。
(フラウ様・28歳・経験3年)

常に外回りと言っていいほど店舗へ出向く仕事だったので体は常に疲れていました。
類似品が多い中売れているのかこれから売れうるのか消費者に聞いてもなかなかあいまいなところもありどこに力をいをれるのか皆の意見が合わないことが多かったです。
(きすき様・33歳・経験6か月)

毎日データどりをしているので、休みの日でも仕事が気になるようになってしまいました。逆にそれをしないと脅迫観念にかられてしまいます。あとは、PCに常に触れているので、肩こりや目が痛くなったりと体調に変化があるところです。
(furuyukei様・32歳・経験2年)

こんな職種から転職しました!

前職は販売員でした。販売員も色んな人と接する事が出来て、すごく楽しかったのですが、自分の企画した商品を世の中に広めていきたいという、昔からの夢をかなえるために、今の職種に転職をしました。企画をする上で、色んな場面でマーケティングも行うため、前職で培ったコミュニケーション能力も大いに役立っていると思います。
(mfam様・33歳・経験5年以上)

出版社におきまして、校了前の記事内容の確認(フォーマットチェック)に従事しておりました。
電子書籍が出てきて数年経ちますが、「これから紙の時代は終わるだろう」と思い、出版社の経験を活かしてマーケティングがしたいと思い、デジタルマーケティングの職種を選択致しました。
(たろう様・30歳・経験1年)

前職は飲食の仕事をしていました。売れる売れないなど理由を考えるのが好きでだんだん飲食と言うよりは、それを専門にした方がいいのではないかと考えて転職しました。
結果思うことはやはりマーケティング側の人間で向いているなと思いました。
(きすき様・33歳・経験6か月)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。