>  >  > よく解る!機械オペレーション【職種図鑑】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

機械オペレーション【職種図鑑】

機械を使いこなし、製造現場の安定稼働を守るプロフェッショナル

paper
  • 採用担当者へ聞いた!
  • 経験者の声
グラフ

データで見る機械オペレーション

平均時給
未経験OK
1,135
経験必須
1,283

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

1,354
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、
グラフについては、2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
辞典

機械オペレーションのお仕事とは?

機械オペレーションのイメージ

機械オペレーションの仕事は、担当する機械によって仕事の流れが異なります。一般的には素材の準備から始まり、印刷機などの場合は適切な位置に紙をセットするところからスタートします。工業用品の場合は、鉄板などを所定の位置にセットします。その後、複雑な動きを指示したい場合は機械に指示出しを行ないます。機械の動きはあらかじめシステムで制御できるので、慣れてくると状況に応じて入力内容を微妙に変えることができるようになります。その後、スイッチを入れて量産をしていきます。その際、次の素材の準備を行なったり、製造工程で出たゴミなどを処分したりと稼働中もほかの業務を行ないます。また仕上がりを定期的にチェックしながら、変わったところがないかを確認し、適時指示の内容を変えていく場合もあります。基本的に一日の生産量があらかじめ決められているので、規定の個数を納品できるよう、効率的に動くことが求められます。

業務リスト
  • 材料加工
  • 機械オペレーション
  • 組立作業
  • 調理補助
  • 製造補助
  • 梱包作業
  • 商品成型
  • 商品検査
  • 出荷作業
  • データ集計
  • 仕分け作業
  • ピッキング作業
  • 発送業務
  • フォークリフト運転
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • 機械の微調整に関する知識
  • 設計の知識
機械オペレーションの仕事で身につくスキルは、機械を使ったさまざまな微調整に関する知識です。これは職人の手仕事に近い分野なので、決まった教え方やマニュアルはありません。少し部品の形が変わってきたなと思ったら、どれくらい調整を行なうかといったことについて、自分で確かめながら覚えていくしかないのです。こういうと、難しく感じるかもしれませんが、いくつもの製品を手がけるうちに、できるようになっていきます。そのレベルまでに到達すれば、機械はあなたの右腕となり、ほかの人では対応できなくなるでしょう。機械オペレーションの仕事をマスターした場合には、生産計画の立案やシフト管理などの管理業務、実際に部品の形を決定づける設計業務など、1つ上の工程に携わるチャンスが得られる場合もあります。モノづくりにおいて、いろいろなキャリアを広げていけるような仕事です。
初心者

未経験から挑戦できる?

扱う機械によって、どこの部分やどんな点に注意を払うかという点が異なってきます。例えば粉砕機を操作する場合には、ほとんど目に見えない粒子を扱うことになります。そのため、機械の微調整を行う際の難易度が上がります。また、この仕事では就業するメーカーによって事業内容はざまざまで、それに伴って扱う機械や業務内容も細かく分かれていたりします。そこで自分が働くのはどんな仕事先なのか、確認しておくとよいでしょう。

未経験OKの割合
※2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より
ほんとに、未経験OKなの?

未経験OKと記載があっても、「業界、業種の未経験はOKだけれど、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、PCスキルは必要」といった場合があります。「未経験OK」といっても、その解釈はお仕事により様々です。詳しくは下記の「採用担当者に聞いた」をご覧ください。

採用担当者に聞いた 派遣会社の採用担当者さんに、ホントのところを聞いてみました!
こんなスキル、人物が求められるお仕事です。

未経験OK!
必要なスキルも資格もないですが、繰り返し作業になるので、同じ作業をし続けることも苦にならない方、集中力に自信のある方が求められます。
また、工場によって扱う部品や働く環境が異なるため、軽い部品もあれば重い部品を扱うこともありますし、冷房完備の職場もあれば、年中熱い職場もあったりします。事前に、工場見学に行き、扱う部品や働く環境を自分の目で確かめることをオススメします。
(株式会社都工業 採用ご担当者様)

機械操作のレベルにもよりますが、製品を製造する工程の中で、部品や材料を【機械にセットするだけ】の業務内容が多いのが現状です。その中で必要なスキルや資格については、極端に言えば、“ 特になし ” です。要するに未経験の方でも、 “ やる気 ” があればこなせる業務になります。また、一段、レベルが上がれば、その機械操作の設定や調整、更には保全等の業務が必要になってきますが、その際は、しっかりマニュアル化された“手業手順書”があり、教育された上での業務遂行になります。
適材するのは、ものづくりに興味があり、同じ動作の反復が多い業務であるがゆえ、根気よく、黙々とチェレンジできる方が求められます。また、しっかりと製品を製造するうえで、品質保持の責任を持って【良い製品を作りたい】といった情熱も重要視されます。
(Man to Man株式会社 名古屋オフィス 藤田様)

資格は必要ではないですが、2交代制の時間が多い為高齢の方は体力的に厳しいかと。旋盤などプログラムを組めるような方の需要はもちろんありますが機械にセットしボタンを押すだけの簡単作業とういう需要も多いです。商品問わず機械OPの経験あれば年齢が高くても派遣先からは喜んで頂けます。離職率が高い業種と夜勤帯になると欠勤などの対応が難しい為、まじめに休まず働けてもらえる方であれば結構ですという声は多いです。
(株式会社ホットスタッフ 豊川支社 採用ご担当者様)

横文字で難しく感じますがそんなことはありません。
1人で一台を担当する事もあれば、複数台担当する事もあります。
機械オペレーターの仕事の大半の共通点は「動く事が多い」ことです。その場で黙々と、という仕事より時間が経つのが早く感じますよ。
(株式会社TTM 名古屋支店 加藤様)

必須の資格はありません。入社前に取引先の担当者の方とお話しをする機会があるケースもありますので、挨拶や受け答えがしっかりできる方が望ましいです。
(日総工産株式会社 本社 採用ご担当者様)

こんな資格や業務経験がいかせます。
資格

■フォークリフトの資格

スキル・経験

■半田付けの作業経験

■クリーンルームでの作業経験

■工場内での軽作業

■製造の組立、加工の経験

■旋盤OP経験

こんな人におすすめのお仕事です。

接客や販売職、営業職など異業種から挑戦し、長期で続けられている方もたくさんいらっしゃいます。
工場ではたくさんの方が働いてらっしゃるので、安全面などの構内ルールを守ってお仕事して頂ける方なら、男女ともに相応しいと思います。
(パナソニック エクセルプロダクツ株式会社 大阪本社 採用ご担当者様)

単調な繰り返し作業が多いので、コツコツ作業をするのが好きで、集中力に自信のある方が向いています。
作業を覚えてしまえば、一人で進めていけるのでコミュニケーションに自信のない方でも問題ありません。
また、工場内で気を緩めると大きな事故につながることもあるので、注意力高く、言われたことを言われた通りにこなすことが求められます。
(株式会社都工業 採用ご担当者様)

率直に言えば、誰にでもできる仕事ではありますが、強いて言えば、【真面目で、モノづくりが好きな方】です。
また、同じ動作を反復する為、根気があり、更には、良い製品を作り、世に貢献するといった熱意も非常に大きなポイントになってきます。
何はともあれ、【折れない心】を持ち、自身の目標に迎える方であれば、すぐに必要な技術は身に付き、仕事も楽しくなってきます。
(Man to Man株式会社 名古屋オフィス 採用ご担当者様)

一連の流れを1人で行っていただく事が多いですので仕事の段取りを考えながら行える方。
(株式会社TTM 名古屋支店 加藤様)

こんな研修が役立ちます。

■フォークリフト免許資格講座■オールトヨタ四種講習(高所作業者・感電・振動・粉塵)■危険予知トレーニング■熱中症対策セミナー■ヒヤリハット研修

派遣会社では、派遣スタッフさんへ向け、様々な研修を用意しています。
未経験の場合でも、研修を受けてスキルを身に付けておくと安心できますね!
どんな研修があるか、登録した派遣会社へ確認してみましょう!

機械オペレーション 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

機械を使って自分が作った製品が公共施設などで使われているのを目にするとやはりうれしいです。
例えば高速道路の防音壁を作った際、プライベートで高速道路を走行していても自然と自分の製品を見てしまいます。
そういうのを見るたびにやりがいを感じます。
(KENさん様・47歳・経験5年以上)

自分でプログラムを組んだり、加工をしていく段取りをしたり、実際に組んだプログラムを動かして加工をしていくのは大変ですが、何事もなく図面通り、正確に加工が出来たときです。この達成感は他の仕事ではなかなか味わうことが出来ないはずです。また、加工したものが実際に製品になって世の中に出ていくのは途轍もない喜びです。
(コンドゥー様・25歳・経験5年以上)

「やっぱりお前でないと、その機械に関しては扱いづらいな」。こんなことを職場の先輩に言われると、使っている機械が自分の相棒みたいに見えてくる時がありますね。それから、手を常に機械に触れているので、その日の仕上がりによって機械の調子の微妙なよしあしが分かってくる時があります。ここまで分かるようになれれば、機械を扱う職人として着実に一歩進んだという証だと思います。
(ホイップ様・33歳・経験3年)

生産していて目標生産数を達成した時です。トラブルなく、製品に異常が無く達成できた時は喜びも大きいです。また、装置のオペレイトが上手になると、何かトラブルが起きた時にも自分で対処できるので、とてもやりがいを感じます。
(koaa様・45歳・経験4年)

この仕事の厳しさ

やはり、実際に加工していく中でのミスです。
プログラムのミス、段取りのミス、工具選択のミスなど、本当にちょっとしたミスでも、全てが台無しになり、何万、何十万、何百万と損失が出てしまいます。
これが本当にこの仕事の辛い所です。
(コンドゥー様・25歳・経験5年以上)

製品に不良がたくさん出た時です。なぜ、不良が出たのか原因を突き止め無くてはなりません。また、機械的に不良が発生していた時にはその修理対応もしなければならず、なかなか改善がうまくいかない時は、とても大変です。
(koaa様・45歳・経験4年)

一日にいくつの製品を作るという生産計画は決まっているので、トラブルがあってもその計画を大幅にずらすことはできません。特に部品の製造の場合であれば、その部品を使って製品を組み立てたりするのが取引先である顧客の会社であったりします。そして部品の納期がずれることになれば多大な迷惑をかけしてしまうことが避けられません。だから、どうしても納期に間に合わない時は、夜を徹する時もあります。
(マールディア様・30歳・経験3年)

同じ製品を作るときでも発注元がいろんなメーカーから材料を仕入れるため、材料に少しずつ誤差が生じます。
しかし求められるものは同じクオリティーの製品を作ることなので材料によって作り方を微妙に変えていかないといけないのが大変です。
(KENさん様・47歳・経験5年以上)

こんな職種から転職しました!

正社員としての仕事は、初めは研究開発職(基礎研究の分野)でした。しかし、会社の経営難やチーム解散などで、製品の開発と商品化を行うチームに異動しました。さらに、本来は装置開発部門の技術者の担当であった機械オペレーションも任されました。
(gravity様・46歳・経験3年)

以前は自動車の整備工場で働いていました。そのときは自分で作るのではなく部品を変えるだけなのでやりがいがあまりありませんでした。
そのため今度は自分で何か作っていく仕事がしたいと思い今の職業に転職しました。
(KENさん様・47歳・経験5年以上)

エンジニア会社の営業をしていました。現場の職業に就きたくて、現場オペレーターになりました。機械を触ったり、製品の知識も生の技術が身につくのでとても、自身のスキルアップに繋がりました。
(koaa様・45歳・経験4年)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。