• このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

人事【職種図鑑】

会社のコアとなる「人財」を動かしていく、影なるビジネスの立役者

paper
  • 採用担当者へ聞いた!
  • 経験者の声
グラフ

データで見る人事

平均時給
未経験OK
1,526
経験必須
1,474

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

857
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、グラフについては、2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
データは「総務・人事・法務・特許事務」の合計の値です。
辞典

人事のお仕事とは?

人事のイメージ

人事は会社組織の全体を把握し、会社の事業方針や5年後や10年後の未来を見据えて「どの部署にどれくらいの人数が必要なのか」「スキルや年齢層に偏りはないか」などを見ていきます。
人員を増やすのであれば採用活動を行ないますし、その中でも必要な年齢や経験年数が明確になっていれば、中途採用はもちろんのこと、人材紹介会社、ヘッドハンティング会社を使うなどの方法も視野に入れて動く必要が出てくるでしょう。社員のスキルアップが必要であれば勉強会や資格取得支援に向けた取り組みを行ない、それらに必要な段取りから実施まで幅広い業務を担います。
「誰を・どこで・どのように・どんな条件で働かせることが会社に一番いい影響を与えるか」というような、社員のパフォーマンスに関わる部分の全てが担当領域となる仕事です。
会社によってはバックオフィス系の仕事と線引きがあいまいな部分も多く、書類作成や備品の管理などを任される場合もあります。

業務リスト
  • 社内文書作成(報告書・会議資料等)
  • 給与計算
  • 経費精算
  • 備品管理
  • 福利厚生制度整備
  • 特許申請書類作成
  • 契約書のリーガルチェック
  • 採用業務
  • 労務管理
  • 勤怠管理
  • 登記変更作業
  • 社会保険関係手続
  • 日本年金機構対応
  • 電話・メール応対
  • 来客応対
  • オフィスの管理
  • 社内イベント企画・運営
  • 社内コンプライアンス作成
  • データ集計
  • データ入力・チェック
  • 安全衛生管理
  • 特許出願
  • 知的財産、ライセンス契約・管理
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • 労働関連法令や社会保障法令
  • コミュニケーション能力
  • 人を見る目が養われる!
人事は任される仕事内容に応じて身につくスキルが異なります。
勤怠管理に携わることで、労働関連法令や社会保障法令に詳しくなっていきます。各部署の構成を把握するには、それぞれの部門を管理する人たちとのやりとりが必須です。コミュニケーション能力や、それぞれの部署で行なわれている業務に関する知識も備わっていくでしょう。
新しい制度の取り決めや、すでにある制度の改善案を提案する時には、経営陣と会議で意見を交わす機会が得られます。会社の向かうべき方向性を見据えながら話し合うなど、経営により近いところで仕事をすることで会社全体の動きを広い視野で見られる力がついていきます。
採用活動においては、狙った人材にアプローチできそうな媒体の選定、人材紹介のエージェントなどとのやりとり、応募管理や面接日時の設定、採用の合否などに関わります。面接や会社説明会などにおいては、人事が採用窓口となるので、応募者に対して会社の顔としての振る舞いが求められるでしょう。多くの人と接し、入社後をイメージしながら採用を進めていくうちに人を見る目が養われていきます。実際に自分が採用した人が組織で頭角を現すような人材であった時に、自分の見る目が確かであったことを実感できるでしょう。
初心者

未経験から挑戦できる?

人事は、どの部署よりも組織の状況を把握していることが重要になります。常に全体を見渡し、改善できるポイントはないかをいち早く見つけ、それらを納得のいく情報と共に発信することが求められます。経営層との会議では、人事の意見を多く求められるので、自らの意見をまとめ、その根拠までしっかりと考える論理的な思考が問われるでしょう。
まずは簡単な仕事からスタートして、組織運営における基礎を学ぶのもおすすめです。派遣であれば、希望の業務内容を効率よく、自分の適性に合わせて始められることができるでしょう。

未経験OKの割合
※2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より。データは「総務・人事・法務・特許事務」の合計の値です。
ほんとに、未経験OKなの?

未経験OKと記載があっても、「業界、業種の未経験はOKだけれど、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、PCスキルは必要」といった場合があります。「未経験OK」といっても、その解釈はお仕事により様々です。詳しくは下記の「採用担当者に聞いた」をご覧ください。

採用担当者に聞いた 派遣会社の採用担当者さんに、ホントのところを聞いてみました!
こんなスキル、人物が求められるお仕事です。

人事は、会社や組織内で「人」に関わる業務のすべてをおこないます。
具体的には従業員の異動や退職、昇進、評価などの管理、新卒・中途採用の採用活動や社員教育など、
会社の規模によっては複数の業務を兼任する場合もあります。
人と接する機会が多く、会社が求める人物要件やさまざまな法律、人事制度の理解など専門知識を要する場面も多くあります。
人への関心が強く、法律などの規則を理解しながら、部内のメンバーと協力しながら円滑に業務を行うことが求められています。
(株式会社スタッフサービス 東京 末松様)

採用業務:入社希望者に対する電話や対面での対応など、コミュニケーションスキルが重視される職種になります。複数のタスクを同時に進めることも多いので、進捗管理能力や調整力が求められます。 基本的なビジネスマナーが身についていれば、未経験でもチャレンジできる職種でもあります。
労務業務:社員の給与や社会保険など、重要な情報を預かる立場になりますので、正確性を求められる職種です。また、労働法規に関する基本的な知識も求められます。社員情報の処理にExcelのVlookup関数を使用する事も多いため、OAの実務経験を求められることもあります。
未経験でチャレンジする場合には、社労士資格をお持ちの方が優遇されることのある職種です。
(テンプスタッフ株式会社 採用ご担当者様)

必須の資格はありませんが、コミュニケーション能力、秘密保持、労務に関する知識などが求められます。
人事として業務を遂行する上においては、ヒトというデリケートな部分を取り扱うため、他の業務に比べてもかなり慎重な内容の取り扱いが求められます。
企業内において取り扱われるさまざまな要素のうちでも、人材は一部が欠けてしまったからといってすぐにその代わりになるものを調達することができるものではないので、
継続的に企業活動を円滑に行なっていくことができるようなきめ細やかな調整をしていくことが必要になってきます。
(株式会社経理サポートスタッフ 採用ご担当者様)

新卒採用のサンクスメールの返信や説明会・面談日程調整などがあるので、マメな対応が求められます。
また、説明会の司会進行や学校訪問などもありますので、人前で話す事が出来る事とビジネスマネーが必要です。
応募に関するデータ集計なども行う事があり、集計関数が出来ると喜ばれます。
(株式会社グローバル・スタッフ 採用ご担当者様)

給与計算・労務業務であればExcelスキルと事務処理の経験が問われます。
また経験はないけれどこれから社会保険労務士の資格を取りたい!という方、もちろん既に資格をお持ちの方も活躍できます。
また採用業務・研修業務であれば基本的なOAスキルとコミュニケーションスキルを重視します。
(NOC日本アウトソーシング 新宿オフィス 妻嶋様)

こんな資格や業務経験がいかせます。
資格

■社会保険労務士(労務のみ)■MOS検定(Word、Excel、PowerPoint)

スキル・経験

■社会人としての一般常識、ビジネスマナー

■メールでのやり取り、送受信の経験

■労働基準法、社会保険制度の知識、業務経験

■スケジュール管理や調整業務経験

■接客やコミュニケーション業務の経験

■四則演算や基礎関数等の基本的なEXCELスキル

■文書作成などの基本的なWORDスキル

こんな人におすすめのお仕事です。

業務上知り得た秘密についてきちんと守ってゆくことができるという人が向いていると思います。
人材についてにかぎらず企業活動において知ったことについては社外の人間に簡単に話してしまうことは基本的には禁じられていますが、特に人事は重要です。
人事において取り扱われる情報は、従業員や採用を希望する人材の個人情報が含まれており、さらに従業員の給与体系や賞与の査定内容などもありますので、誠実性が求められる仕事です。
(株式会社経理サポートスタッフ 採用ご担当者様)

人事といっても幅広く業務がありますが、社員のために影となり行う業務ですので
縁の下の力持ちになりたい、支えたいという方には向いていると思います。
様々な社員やベンダーとの対応もありますので人と接することが好き、ということが前提だと思います。
(NOC日本アウトソーシング 新宿オフィス 妻嶋様)

人とのコミュニケーションが得意で自分で考えて動く事が出来、なおかつコツコツと真面目に業務をこなす事も出来る方。
(株式会社グローバル・スタッフ 採用ご担当者様)

人と関わること、調和を大切にする方で、会社の人事制度、就業規則や労働基準法など様々な制度を理解するなどの専門性を磨きながら、お仕事を進められる方が向いていると思います。
(株式会社スタッフサービス 東京 末松様)

採用業務:求職者と社内の橋渡し役としてやり取りが多く、時には調整や交渉を伴う業務となるため、コミュニケーション能力のある方が求められます。
また、複数の業務を同時に進めることが多いので、臨機応変に対応できる方やマルチタスクが好きな方も向いていると思います。
労務業務:労働法に基づいた正確な業務処理が求められるため、業務の正確性を追求していける方や、細かい数字のチェックが得意な方に向いていると思います。
これから社労士資格の取得を目指している方や資格取得後に実務経験を積みたい方にもおススメです。
(テンプスタッフ株式会社 採用ご担当者様)

責任感のある方、事務を正確にこなせる方が向いています。
(損保ジャパン日本興亜キャリアビューロー株式会社 採用ご担当者様)

こんな研修が役立ちます。

■ビジネスマナー研修■OA研修(Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlook)■年末調整業務 実務講座

派遣会社では、派遣スタッフさんへ向け、様々な研修を用意しています。
未経験の場合でも、研修を受けてスキルを身に付けておくと安心できますね!
どんな研修があるか、登録した派遣会社へ確認してみましょう!

人事 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

人事の中でも新卒採用部門に関わっており、入社3年目頃から、面接業務に関わるようになりましたが、やはり、自身が担当した結果、採用になった方が、その後成果をあげると非常に感慨深いものがあります。初めて面接に関わった年度に、面接対応した社員の方が、営業の方でしたが、採用から7年後に、全く新規のお客様のビジネスを受注された時には、ある意味、彼を見出した自分が誇らしかったです。
(ごろう様・34歳・経験5年以上)

私は人事として新卒採用に関わっていました。人事の仕事は社内だけではなく、リクルート関係者、学校関係者など、あらゆる方と接点があります。あらゆる人との出会いが増えたことは、私にとっても「こういった考え方や生き方があるのだな」と気づかされるひとつの貴重な経験になりました。これは人事ならではの魅力だと実感しています。
(SAKURA様・25歳・経験1年)

食品製造・加工で人事をしていますが良かったと思うのは、定着率の悪い現場で採用した人物が仕事に慣れて定着してくれた時に良かったと感じます。また採用した人物から感謝されたり良かったと言われた時は、その人の力になれたと思うので嬉しくなります。
(ショッカー様・49歳・経験5年以上)

人が好きなので、面接に来て頂いた方とお話しをしたり、都度ある社員面談で、社員の悩みに相談にのり、アドバイスをしたりすることが、私にとっては、楽しくやり甲斐を感じる時です。
(akemi様・31歳・経験1年)

最初は思ったように採用活動が進まなかったり、苦労して内定を出した社員がすぐに辞めてしまったりで、下準備に苦労したのに水の泡ということもありました。
しかし、慣れてくると面接で話すべきことも、確認することも分かるようになってきて、多くの人と出逢うことが楽しいと思うようになってきたのです。
「この会社で頑張ります!」と言ってくれた新入社員がポジションアップしてリーダーになり活躍している様子を知った時はとても嬉しいですね。社員それぞれのよさを一番分かって、活躍を陰ながら応援する喜びは、人事ならではだと思います。
(happy様・26歳・経験3年)

この仕事の厳しさ

過去の職歴や面接等の対応でこの人は大丈夫と自信を持って現場に入れても、すぐに辞めてしまったり現場の人間関係で揉めてたりすると現場の監督者から辛辣な言葉を投げかけられるので辛いことが多々あります。
(ショッカー様・49歳・経験5年以上)

人事の仕事は結果主義です。1年間の新卒採用目標を社内で検討し、世間の流れも分析しつつ、年間の行動予定を計画します。新卒採用の動きは非常に早く、何ヶ月も前から就職イベント参加の申し込みや大学訪問のアポイントを取得する必要があります。当然、多くの学生は大手企業や公務員を目指し、中小企業にはなかなか目を向けてくれません。そこで、どのようにしたら学生たちが中小企業にも目を向けてくれるのか。それを考えるのが人事ならではの苦労です。
(SAKURA様・25歳・経験1年)

人事という立場なので、面接にきた方の見極めが一番大変です。弊社に適しているか、長く真面目に働いて頂けるか等、最終面接までに何人もの方を落とさなければいけないという事で何回か苦しい思いをしたことがあります。
(akemi様・31歳・経験1年)

人事という職種は、社員の評価や採用といった個人情報に関わっている部門のため、機密事項が多いことに非常に注意が必要で、なかなか息の抜けない職種であることは間違いありません。また、時折、社則に反する行動をとる社員がいたりすると、その内容を事細かに調べる必要がありますが、いつもとても気持ちが重たくなります。
(ごろう様・34歳・経験5年以上)

人事で働いてみて痛感したことは、組織はさまざまな考え方が集まってできているということです。 ある部署で優秀な人材が、他の部署でも同じとは限りません。同様に、かつてうまく稼働していた制度が、10年後も同じかどうかは分かりません。常に周囲と連携を取り、さまざまな情報を集めながら全体を捉えていくのが大変だと思いました。
社員それぞれの成長度合いを見つめるうちに、どうすればより効率的に組織の力を強めていけるのかを考えるようになっていきます。将来は理想的な組織づくりを目指して、もっと知識をつけていきたいと考えています。
(みゅう様・27歳・経験4年)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。