>  >  > よく解る!医療事務【職種図鑑】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

医療事務【職種図鑑】

医療機関での受付やレセプト業務を担当。病院と患者さんの窓口役

paper
  • 採用担当者へ聞いた!
  • 経験者の声
グラフ

データで見る医療事務

平均時給
未経験OK
1,060
経験必須
1,230

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

530
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、
グラフについては、2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
辞典

医療事務のお仕事とは?

医療事務のイメージ

医療事務の仕事は、主に病院や診療所・クリニックといった医療機関にて、受付や窓口での患者さん応対、レセプト業務、会計、カルテの入力・管理業務となります。看護師の事務作業をサポートしたり、患者さんが不安にならないよう優しく応対するなどコミュニケーションを取ることも大切な仕事です。受付の仕事は、病院にとっての顔となる重要な業務なので、患者さんが安心して病院を利用できるよう、それぞれに合わせた臨機応変な対応も必要になります。レセプト業務に関しては、保険組合へ患者さんの医療費の残り7割を請求するために必要な業務となり、薬や医療に関する知識も求められます。
高齢化が進み、医療機関を利用する患者さんの数も増加しているため、医療事務は病院にとってますます欠かせない頼れる存在となっていくでしょう。

業務リスト
  • レセプト業務
  • オーダリング業務
  • 来客応対
  • 清掃
  • カルテ登録・管理
  • 当直管理
  • レジ打ち
  • 処方箋受付
  • 備品管理
  • 電話・メール応対
  • 社内外資料作成(会議資料・報告書等)
  • 発送業務(紹介状返送等)
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • 医療知識
  • 事務処理能力
ステップアップ!
  • 総合病院や地域の中核病院などへ転職可能
業務経験を積むと、医療に関する知識が幅広く身に付きます。医療知識が身に付けば、任される業務の幅も広がりステップアップが目指せるでしょう。レセプト業務でパソコンを使用するため、パソコンのスキルや事務処理能力も身に付きますし、レセプト業務自体の知識も身に付けることができます。レセプト作成などレセプト業務に関する一連の知識が身に付くと、全国どこの医療機関へ行ってもその知識が通用するので、転職の際にも強力な武器になります。将来的にも長く活用していける知識なので、一度習得してしまえば、長くキャリアを形成していけるでしょう。
また、患者さんや看護師、医師との意思疎通を図る中で、業務を円滑に進めるためのコミュニケーションの取り方を身に付けることができるでしょう
医療事務の知識や経験を身に付けて将来的にさらなるキャリアアップを目指すには、総合病院や地域の中核病院など規模の大きい医療現場も経験して、知識の幅を広げておくのも良いかもしれません。
初心者

未経験から挑戦できる?

病院におけるさまざまな事務作業をこなすため、ワードやエクセルといったパソコンの基本操作ができることは必須となります。
医療に関する知識や資格があればアピールできますが、何よりも求められるのはホスピタリティと周りに気配りができる能力です。日頃から相手を思いやる気持ちを大切にし、細やかな気遣いができるようにしておきましょう。福祉施設などでのボランティアを経験してみるのもおすすめです。

未経験OKの割合
※2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より
ほんとに、未経験OKなの?

未経験OKと記載があっても、「業界、業種の未経験はOKだけれど、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、PCスキルは必要」といった場合があります。「未経験OK」といっても、その解釈はお仕事により様々です。詳しくは下記の「採用担当者に聞いた」をご覧ください。

採用担当者に聞いた 派遣会社の採用担当者さんに、ホントのところを聞いてみました!
こんなスキル、人物が求められるお仕事です。

資格の要・不要は勤務先により異なり、業務内容も勤務先が紙カルテか電子カルテかによって大きく異なります。
基本的には医師の事務補助なので、病院勤務の経験がある方であれば、スムーズに業務を覚えていけると思います。
各種保険会社への申請書類や、行政への書類の作成等の業務もあるので、保険関係に詳しいこともプラスになります。
(株式会社ルフト・メディカルケア 東海支店 採用ご担当者様)

必須の資格はありませんが、未経験でチャレンジしたい方は、医療事務の資格をお持ちの方が、基本的な知識が身についていることもあり実務に役立つと思います。
体調の優れない患者様と接する機会も多く、おひとりおひとりに会った対応が求められますので、高いコミュニケーション能力が必要です。
また、会計業務、レセプトなど、正確に業務を行う処理能力も必要です。
(遠鉄アシスト株式会社 採用ご担当者様)

必須の資格はありませんが、基本的なPC操作と、事務系ソフト(ワード、エクセル)の使用経験は必要な場合が多くなっています。
医療事務の資格をお持ちの方は採用時に優遇されることもあります。また、電話や来客対応をすることもあるため、接遇面において注意が必要となります。
医療事務の仕事は病院、クリニックの受付も兼ねているために就業先の【顔】になります。ホスピタリティの高い方が求められる人物だと思います。
(株式会社シグマスタッフ 目黒本社 中村様)

こんな資格や業務経験がいかせます。
資格

■診療報酬請求能力認定試験■メディカルクラーク■医療事務管理士■医療秘書

スキル・経験

■基本的なPCスキル

■病院などでの医療事務経験

■電子カルテ・レセプト経験

■接客業の経験

こんな人におすすめのお仕事です。

医師の勤務形態は特殊で、その医師のスケジュールを把握しながらの仕事になりますので、先の先を考えて行動できる方、医師の性格を理解し、先回りして行動できる方等に向いているお仕事です。
(株式会社ルフト・メディカルケア 東海支店 採用ご担当者様)

老若男女、様々な方に安心感を与えるコミュニケーションスキルのある方。
カルテ作成、処方箋出しなど、命に関わる業務も含まれるため、正確に処理できる方が向いていると思います。
(遠鉄アシスト株式会社 採用ご担当者様)

こんな研修が役立ちます。

派遣会社では、派遣スタッフさんへ向け、様々な研修を用意しています。
未経験の場合でも、研修を受けてスキルを身に付けておくと安心できますね!
どんな研修があるか、登録した派遣会社へ確認してみましょう!

医療事務 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

患者さんは何か病気や不調があって病院へ来られます。どなたでも大なり小なり不安は抱えているはず。そんな不安を少しでも取り除けるよう、受付や会計の際には、積極的にコミュニケーションを取るように心がけています。
そんな中で、患者さんから「あなたの顔を見ると何だかホッとする」「いつも笑顔で気持ちがいいねぇ」などと言われることも多く、その度にやりがいを感じます。「誰かの役に立てる仕事がしたい」「思いやりや優しさを活かして働きたい」という方にはピッタリな仕事だと思います。
(ひるとん様・30歳・経験2年)

レセプト業務を通して、保険点数の算定方法が身に付きます。保険点数の算定方法の知識を活かして、保険請求に関する指導を看護師さんや医師へ行うこともあるため、やりがいも大きいです。
看護師さんや医師から頼りにされているのを感じると、「もっと知識を深めて医療事務のプロになろう!」という意欲がわいてきます。
(mahalo様・28歳・経験5年以上)

待合室で待っているうちに具合が悪くなってしまった患者さんに声をかけたら、後日改めてお礼の手紙を頂いたのが嬉しかったです。忙しくて大変な仕事ですが、苦労して取った医療事務の資格が使えたのも良かったです。
(ちなみ様・28歳・経験2年)

受付(窓口)業務をしていたおかげでさまざまな患者さまの要望や対応に臨機応変に対応するスキルがついた事です。医療事務の仕事について深く学べる事も多く、病院の各セクションの職種の方と親しくなれました。常に患者さまに目を配る環境だったので私生活でも具合が悪そうな人を見かけるとつい声をかけてしまう性格になりました。
(わんこ様・28歳・経験1年)

医療事務は事務の中で一番大変な職種だと思います。でもその分、やりがいはありました。今まで0だった知識が身に付きますし、生活している上で医療はみなさん必ず関わるものだと思います。知っていて得する制度や、役場に必要なものなど知らないと損していたことまで学ぶことができました。
事務も好きだけど、接客にも興味がある方には最適なお仕事だと思います。
(のんたん様・26歳・経験5年以上)

この仕事の厳しさ

医療事務は、毎日覚えることがたくさんあります。専門的な知識が必要になったり難しいと感じることも少なくないですが、習得してしまえば一生もののスキルにできるので、先輩の仕事を見ながら積極的に知識を吸収していけるようにしています。ただ、覚えることが多い分、発見や刺激も多く、しっかり成長できますよ。
(kate様・40歳・経験5年以上)

受付にいると、患者さんから診療内容のことや症状のことに関して聞かれることもあるのですが、医療事務の私にはそういった知識がないため、対応に困ります。
専門的なことについてはどうしても答えられないので、コミュニケーションを取る際には患者さんに不快な思いをさせないよう、細心の注意を払うようにしています。
(アニー様・29歳・経験2年)

今まで医療の分野に関わりがなかったので、覚えるものがたくさんありました。でも覚えれば覚えていくほど奥が深いと感じました。医療事務は度々国によって制度・認定などの内容が変更になるので、そのたびに覚えたことを上書きしないといけないのは大変でしたね。
(のんたん様・26歳・経験5年以上)

事務作業をしつつ、患者さんに声をかけられたら対応しなければいけないので、事務の仕事がなかなか進まなかったりしたのが大変でした。忙しすぎて患者さんへの対応がしきれないと文句を言ってくる人も多かったです。
(ちなみ様・28歳・経験2年)

毎月必ずレセプト業務があって、確実に残業になるので大変でした。後は、来院する患者さまが多い日には医療事務員の数が足りずに会計に時間がかかり患者さまを待たせてしまう事がありました。申し訳ない気持ちと急いで会計業務をしないと…と大変でした。
(わんこ様・28歳・経験1年)

こんな職種から転職しました!

旅行会社で事務をしていました。華やかなイメージで就職したのですが、お客様と直接接する機会がない部署に配属になってしまったので、仕事的に満足出来ませんでした。また、お給料もかなり安かったので転職しました。旅行会社では、専用端末の操作のみだったので、パソコンを使用する事務職にも興味がありました。
(morio様・46歳・経験5年以上)

以前は1年ほど介護職をしていました。女性が多くとても閉鎖的な雰囲気で、体力面でも辛くなり辞めました。その後、OLに憧れてExcelの資格をとり、転職をしました。
(あんこ様・31歳・経験3年)

時計店に勤務していましたが、働きながら医療事務の資格を取得したので、資格が使える職場で働きたいと思って転職しました。給与面でも時計店に勤務していた頃よりも上がったので、資格を取って転職して良かったです。
(ちなみ様・28歳・経験2年)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。