>  >  > よく解る!DTPオペレーター【職種図鑑】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

DTPオペレーター【職種図鑑】

テキストや写真・図などでレイアウト。きれいな印刷物を作るプロ

paper
  • 採用担当者へ聞いた!
  • 経験者の声
グラフ

データで見るDTPオペレーター

平均時給
未経験OK
1,221
経験必須
1,436

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

149
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、
グラフについては、2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
辞典

DTPオペレーターのお仕事とは?

DTPオペレーターのイメージ

DTPオペレーターの仕事は、デザイナーの指定に従って印刷物の紙面データを作りあげていく仕事です。パンフレットなど一枚ものはアドビイラストレーター、書籍や雑誌などのページものはインデザインといったDTPソフトを使用して制作していきます。写真やイラスト、図などは画像データとしてフォトショップでの加工や処理が必要な場合もあり、これらクリエイター向けソフトはひと通り使える必要があるでしょう。また文字詰め・禁則処理などルールやフォントに対する知識などDTP特有のルールを覚え、RGBとCMYKなどディスプレイと紙媒体の違いについてもひと通りスキルを身に付ける必要があります。なお、近年ではDTPで制作したデータをWEBに流用することも多く、DTPとWEBのルールの違いについても対応できるオペレーターが求められています。

業務リスト
  • デザイン作成・編集
    (Photoshop)
  • デザイン作成・編集
    (Illustrator)
  • 入稿管理・チェック
  • デザイン作成・編集
    (InDesign)
  • データ入力・管理
    (カタログデータ等)
  • 記事校正
  • 社内外資料作成
    (報告書・会議資料等)
  • 進行管理・調整
  • 販促素材作成・編集
    (POP・ポスター等)
  • 外注選定・手配
  • 受注受付対応
  • 検査サポート
  • 電話・メール応対
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • DTP業界定番ソフトの高度なスキル
  • 印刷物ならではの特性についての知識
ステップアップ!
  • WEBデザイナーやDTPデザイナーへ
イラストレーター、フォトショップ、インデザインといったDTP業界定番ソフトの高度なスキルが身に付けられます。またディスプレイで再現される色と紙にインクで印刷した際の色の違い、使用する紙質の違いによって見栄えがどう変化するのか、などといった専門的なスキルも実務経験を重ねるうちに身に付いてゆくでしょう。印刷物はプリンタでプリントアウトしたものとは異なり、CMYK4色のインクの掛け合わせによって色を再現してゆきます。同じ黒でも、黒単色で印刷したものと黒に他の色を乗せたものでは質感がまるで違って見えます。こうした印刷物ならではの特性について学べるのもDTPオペレーターの魅力ではないでしょうか。
なお、DTPオペレーターの経験を積んでWEBデザイナーやDTPデザイナーに転身する人も少なくないようです。
初心者

未経験から挑戦できる?

多くの求人ではインデザイン、イラストレーター、フォトショップのうち最低でもふたつは使いこなせる必要があります。印刷やDTPの実務経験・知識はなくても、とりあえずこれらのソフトが使いこなせれば実務を通じて専門職としてのDTPオペレーターのスキルを養ってゆけるでしょう。図面のトレース、テキストの入力など特定の業務に特化した求人も多数あり、またワードなどの汎用ソフトでDTPを行うケースもありますから、求人をチェックしながら自分のスキルに応じた仕事を探しましょう。

未経験OKの割合
※2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より
ほんとに、未経験OKなの?

未経験OKと記載があっても、「業界、業種の未経験はOKだけれど、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、PCスキルは必要」といった場合があります。「未経験OK」といっても、その解釈はお仕事により様々です。詳しくは下記の「採用担当者に聞いた」をご覧ください。

採用担当者に聞いた 派遣会社の採用担当者さんに、ホントのところを聞いてみました!
こんなスキル、人物が求められるお仕事です。

資格は必須ではありませんが、実務経験が求められることが多いです。
基本的な必要スキルについてはIllustrator、Photoshop、企業によっていはInDesignなどのグラフィックソフトの操作が可能な事が必要です。
各企業により業務範囲は異なりますが、営業・ディレクター・デザイナからの指示を受け制作をする為、相手の意思をくみ取るコミュニケーション能力や、丁寧にコツコツと仕事に取り組む事が必要になります。また、やデザインの流行や印刷工程の知識があると評価の対象になります。
(ディプロス株式会社 採用ご担当者様)

作業を正確に行うためのコミュニケーション能力、印刷工程の理解力、他の人が修正しやすいデータを作るための機能に対する理解力、などが求められます。
(株式会社エキスパートスタッフ 東京本社 池田様)

こんな資格や業務経験がいかせます。
資格

■DTPエキスパート■色彩検定

スキル・経験

■Illustrator、Photoshop、InDesignの操作

■オフィスソフト(ワード、エクセルの基本操作)の経験

こんな人におすすめのお仕事です。

自身の関わった制作物が世の中に出る事に楽しさを感じる事ができることもありますが、
仕事によっては単純作業になることもある為、指示通りのデータを確実に作ること、
丁寧にコツコツと仕事をすることが好きな方が向いていると思います。
また、新たなソフトスキルを習得しなければいけない場合がある為、臨機応変に対応して頂ける方が求められます。
(ディプロス株式会社 採用ご担当者様)

正確な作業が好きな方、少しでも効率のよい作業方法を追及する向上心をお持ちの方が向いています。
また、他の人が修正しやすいデータを作る配慮ができる、合理的な考えができるとなお良いかと思います。
(株式会社エキスパートスタッフ 東京本社 池田様)

こんな研修が役立ちます。

■DTP講座
■ビジネスマナー研修

派遣会社では、派遣スタッフさんへ向け、様々な研修を用意しています。
未経験の場合でも、研修を受けてスキルを身に付けておくと安心できますね!
どんな研修があるか、登録した派遣会社へ確認してみましょう!

DTPオペレーター 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

自分がやった仕事をクライアントから評価してもらえたときです。主にチラシやポスターの制作をやっていますが、クライアントから「思ったとおりのものができました」とか「想像以上に良いものができました」などと言われるとうれしくなり、やっていて良かったなと思います。
(T.K様・30歳・経験3年)

自分の作ったものが、世の中にでてそれが喜ばれたときの達成感や印刷されたものが後日自宅に届いたときの満足感。また、チームで仕事をやっているときは、自分の役割を理解し、プロジェクトがうまく動いていると感じられたときにも充実感を感じます。
(タピルス・37歳・経験5年以上)

フリーペーパーのDTPを担当しています。町中で自分がつくったペーパーを見かけると、「あ、ちゃんとある!」と嬉しくなります。苦労して作っているものですから、たくさんの人に読んでいただきたいですね。たまにくずかごに捨てられているのを見かけると悲しくなります。自分も以前はフリーペーパーなど平気で読み捨てていたのですけれど、やはり自分がつくったものには愛着が湧きますよ。
(アリ様・30歳・経験4年)

この仕事の厳しさ

納期が押し迫っている時に別の急ぎの仕事が入ることです。遅くまで仕事をしないといけない場合があり、大変だったのを覚えております。
また、この仕事には少々の犠牲が必要で自分の思っているデザイン、構図などが全く無視された場合は落ち込みます。コンペなどの場合がそれにあたります。
一生懸命デザインした案件がボツになることが一番辛かったです。
(しゅーー様・41歳・経験5年以上)

ひとつのDTPデータを複数のオペレーターで修正しているうちに、まずAが修正したデータをメインデータに上書きし、それを知らないBが別の部分を修正してメインデータに上書きすると、Aが修正した部分は修正前の状態に戻ってしまいます。これを業界用語で「先祖返り」というのですが、ファイル管理ルールを徹底しないとこのようなトラブルが発生します。気付かずに印刷に回ってしまったら…と思うとゾッとしますね。
(おさるさん様・29歳・経験3年)

旅行パンフレットをつくっています。旅行商品には「タリフ」と呼ばれる独特な料金表があって、出発日に応じて細かく価格設定が違ってくるので絶対にミスが許されない部分です。そしてしばしば急な変更が入ります。印刷会社への入稿間際になって突然大量の修正が入ったりすると現場はパニックです。けれど、「時間がない・忙しい」は誤植の言い訳になりません。何の世界でもそうですが、プロは厳しいです。
(もこもこウール様・33歳・経験4年)

こんな職種から転職しました!

編集・校正・ライターの仕事をしていました。もともと本が好きで、本に関わる仕事をいろいろ経験してみたかったのが理由です。いろいろやってみて、パソコン上でデザインやオペレーターの仕事をしているのが、一番しっくりくるなと思ったのでこの仕事を続けています。
(T.K様・30歳・経験3年)

エディトリアルデザイナーをやっていました。頑張ってやっていましたが残業時間が多くて、体調を崩してしまいました。それでも以前経験したスキルを活かしたり、制作に携わる仕事がしたっかったのでDTPオペレーターとして就職しました。
(あおい様・33歳・経験3年)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。