• このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

CAD【職種図鑑】

製図やデータ加工業務が主な仕事。CADソフトを駆使した製品設計。

paper
  • 採用担当者へ聞いた!
  • 経験者の声
グラフ

データで見るCAD

平均時給
未経験OK
1,453
経験必須
1,627

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

961
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、
グラフについては、2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
辞典

CADのお仕事とは?

CADのイメージ

CADの仕事は機械や部品、建築物の設計図をCADデータに入力するオペレーション業務です。また図面データの修正などをパソコンのCADソフトを使って行うこともあります。自動車、通信機器などあらゆる工業製品からアパレルの分野まで幅広くCADが必要とされていますから、活躍できる場が非常に広い職種といえるでしょう。また最近は設計図をもとに3次元アニメーションを制作するためのデータ加工やカタログ、パンフレット、さらにはプレゼン資料用に設計図や立面図を2次元加工する、といったようにCAD関連の仕事も多様化しており、メジャーなCADソフトが使いこなせる人であれば、スキルや経験は十分でなくても裾野の広い多彩な仕事にエントリーできるチャンスが広がっています。

業務リスト
建築・土木・設備
電気・電子・機械
  • 見積書作成
  • 計画図作成
    (仮設計画・足場計画等)
  • パース作成
  • 社内外資料作成
    (会議資料・報告書等)
  • 積算業務
  • 実施図作成
    (住宅・オフィスビル等)
  • PDMSモデリング業務
  • 材料手配
  • 設計補助
  • 進捗管理、調整
  • 回路図面作成
  • モデリング業務
  • 評価・試験準備
    (部品手配、組立等)
  • 評価・試験実施
    (性能評価、信憑性試験等)
  • EMC試験
  • 重量計算
  • 社内外資料作成
    (設計変更依頼書・特許書類等)
  • 筐体設計
  • 構造設計
  • 解析シュミレーション
  • 開発補助
  • 進捗管理、調整
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • CADソフトのスキル
ステップアップ!
  • 汎用CADソフトを習得しておけば、高い専門スキルを身に付けることが可能
一般的にスクールなどで学ぶCADソフトはAutoCADやJW_CADなどの汎用CADが多いと思います。建築現場などのCADではこれらの汎用CADが広く使われていますが、電気・電子・機械の現場で使用するCADは必ずしも汎用CADとは限りません。たとえば機械設計の現場では「メカCAD」と呼ばれる機械用CADが使われることも多く、また電子部品の回路図などを扱う現場では電子系CADが使われます。もちろんCADの基本的な考え方としてはそれぞれ共通する点も多く、ひとつのCADソフトを習得しておけば、それ以外のソフトについての習熟度も早くなります。一般的なCADスキルを持つ人に対してOJTで高い専門スキルを身に付けられるよう養成しようという職場もたくさんありますから、積極的に取り組んでみてください。
初心者

未経験から挑戦できる?

まずはAutoCADなどメジャーなCADソフトを自由に使いこなせるスキルが必要です。独学でもスクールでも構いませんが、実務の現場では正確性とスピードが両方要求されますから、CADソフトを徹底的に使いこなしましょう。自分で図面を作図するだけでなく、人の図面を数多く見ることも勉強になります。ジャンルによって専門性が高いものもあるので、汎用的に勉強するよりもある程度興味の対象を絞り込んで勉強した方が効率的でしょう。

未経験OKの割合
※2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より
ほんとに、未経験OKなの?

未経験OKと記載があっても、「業界、業種の未経験はOKだけれど、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、PCスキルは必要」といった場合があります。「未経験OK」といっても、その解釈はお仕事により様々です。詳しくは下記の「採用担当者に聞いた」をご覧ください。

採用担当者に聞いた 派遣会社の採用担当者さんに、ホントのところを聞いてみました!
こんなスキル、人物が求められるお仕事です。

必要な資格はありませんが、CADソフトの基本的な操作、一定期間のスクールでのソフトの学習経験は必要です。
二次元CAD、三次元CADの使用経験、中でも住宅、土木、構造物、機械、電気、電子部品等、それぞれの分野経験は強みになります。
製図や設計の知識をつけることで、キャリアアップを目指すことも可能。
近年3D立体図を作成できる上級技術者を求める企業も増えています。
また、Powerpoint、Illustratorや3D専用のグラフィックソフトを使用できることで、パースや協議用の資料作成に携わることもできます。
CADオペレーターの業務に加え、繁忙時の対応として事務を依頼されるケースもあり、Word、Excel等のオフィスソフトが使用できると、CADオペレーター兼事務職として活躍して頂ける企業もあります。
未経験OKの案件の場合、ソフトの実務経験が求められなくとも、一定期間の学習経験(職業訓練校やCADスクール)や、業界関連の学科卒(建築・土木・機械系の専門学科卒業等)等、何等かのソフトや業界知識をもとめる企業が多いです。
求める人物像として、業務を遂行する上での正確性、スピード感、几帳面さがある方。また、残業が多い職種の一つでもあるため、残業対応可能な体力や長時間集中してPCに向き合える耐性がある方を求める企業もあります。
(ヒューマンリソシア株式会社 新宿本社 菅野 この実様)

未経験(※)の方もチャレンジできる職種なので必須の資格はありません。
設計・製図のお仕事にはCADを使った業務の他に書類作成が多く含まれるのでWordやExcelの基本操作は必須になります。
また電話や来客応対など外部の方と接する機会がありますので敬語やビジネス会話、ビジネス文書、ビジネスマナーは必須です。
少人数の部署で仕事をしているケースが多いので臨機応変に対応していただける方は重宝されますし、協調性やコミュニケーション能力の高さも重要視されます。

※未経験
実務未経験はOKですが、「建築や土木、機械工学などの学科を卒業した方」、「CADスクールを卒業した方」など設計の基礎知識、またはCADの基本操作スキルのいずれかは必要です。
(北斗株式会社(ホクトCAD)池袋本社 佐藤敏也様)

CAD(AutoCADなど様々なソフト)での実務経験が必要となる場合が大半。建築関係の企業であれば、建築士の資格を持っておれば、有利となるでしょう。それ以外の資格に関しては、あれば良い程度のもので、一番重要となるのは、どれだけ経験があるかになります。
(株式会社ジャパンクリエイト ヒューマネジメント事業 採用ご担当者様)

CADオペレーターの職種は、機械系・建築系・電気系・土木系など分野が分かれます。
未経験の方でも、CADスクールや職業訓練校で基礎を学ばれた場合には就業いただけるチャンスがあります。
資格よりも経験重視の職種ですが、実務未経験の方はCAD利用技術者基礎試験や3次元CAD利用技術者試験などを取得されるとアピールに繋がると思います。
分野や企業によって使用するCADツールが違いますが、3DCAD経験者は優遇されるお仕事が多く発生します。
また、お仕事を進めるには、設計者との打合せなど関連部署とのコミュニケーション能力も重要視されます。
(株式会社メイテックキャスト 東京営業所 横山 由香理様)

知識を活かした実務経験があれば、資格がなくてもスムーズに次のお仕事へ移ることができます。
設計者の意図を汲み取ることができるコミュニケーション能力と、実際に図面を読む力があるかということが重要です。
しかし、会社によっては、CADオペレーターの募集の場合、図面の知識はなくてもCADスクールで基礎を学んだくらいの知識でよい場合もあります。
(株式会社ワークリレーション 本社 採用ご担当者様)

こんな資格や業務経験がいかせます。
資格

■CAD利用技術者試験
■3次元CAD利用技術者試験
■建築CAD検定試験
■一級建築士・二級建築士
■設計技術者3級以上
■MOS検定(Word、Excel、PowerPoint)

スキル・経験

■CAD業務経験(オペレーターであれば、製図、作図、補助。設計であれば設計経験があると優遇される)

■Powerpoint、Illustratorや3D専用のグラフィックソフトのスキル

■オフィス系ソフトの基本操作

こんな人におすすめのお仕事です。

パソコンの画面に向かう事が多いコツコツと地道な作業が多くなりますので、じっくりと取り組む事ができる方、集中力のある方に向いています。
ただ、設計者との打合せなど関連部署とのコミュニケーション能力も重視されます。
円滑に仕事を進める為にも人と接する事に抵抗ないことも必要です。
(株式会社メイテックキャスト 東京営業所 横山由香理様)

CADを使用している分野への興味があり、設計者のアシスタントとして、正確に、スピード感を持って、丁寧に図面を仕上げることが求められます。モノづくりが好きで、ひとつの仕事を最後までやり遂げることにやりがいを感じる方が良いでしょう。
1日中パソコンと向き合い、こつこつと集中して作業をすることが苦にならないひと、黙々と地道に仕事を進めることが好きな方が良いでしょう。
設計者からの指示通りに製図を仕上げることが求められる為、詳細な分からない箇所まで質問をし、解決するコミュニケーション力もあると尚良いと思います。
(ヒューマンリソシア株式会社 新宿本社 菅野この実様)

まず一番大切なことは「モノ作りに興味がある」ことが挙げられます。CADはあくまでも設計を行うツールでしかありませんのでCADソフトに興味を持つよりも、CADを使ってどんなものを設計・デザインするのかに興味を持つ必要があります。設計・デザインに興味を持ち、新しい技術の習得・知識を深めるなど向上心を持たないと3年先に「CADを扱い慣れたオペレーター」なのか「設計者・設計補助としてキャリアアップ」するのか、大きな差が生まれてきます。
また単純作業の繰り返し(地味な作業)を長時間にわたってコツコツとこなすこともありますので「忍耐力」や「体力」が求められますし、同僚や協力業者の方と円滑に仕事を進めるために「協調性」や「コミュニケーション能力」も求められるお仕事です。
(北斗株式会社(ホクトCAD)池袋本社 佐藤敏也様)

企業としての製品の方向や、製品に係わる人の考えを理解でき、周りとのコミュニケーションが取れる方。
CAD自体の操作は慣れることなので、図面を読むことができるまで続けることができる方。
(株式会社ワークリレーション 本社 採用ご担当者様)

こんな研修が役立ちます。

■CAD研修■BIM研修■OA研修(Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlook)

派遣会社では、派遣スタッフさんへ向け、様々な研修を用意しています。
未経験の場合でも、研修を受けてスキルを身に付けておくと安心できますね!
どんな研修があるか、登録した派遣会社へ確認してみましょう!

CAD 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

CADのスキルを高めることができ、自分の手と同じような感覚で図面を描くことができるようになりました。
CADオペレーターを求める業界は幅広いことも利点に感じます。
また、自分が図面を描いた部品を使った、製品をお店で見つけたときはやりがいを感じます。
(koike4様・27歳・経験1年)

やっぱり専門職になるので、派遣だと期間が決まっている場合がありますが、次の仕事を探す際に決まりやすい事が一番のメリットかなと思います。今回の仕事を探す際は少しブランクがあって心配しましたが、普通に事務等で探すよりは早く決まったのでほんとにこの職種のスキルを持っていてよかったと思っています。
(shomama様・40歳・経験5年以上)

この仕事は個人プレーが多いので、コミュニケーションを取るのが苦手な自分に合ってると思います。
仲間と協力しながらというよりは、個人でもくもくと組んでいくことが多く、一人で仕事をするほうが得意な自分には天職のように感じます。
(ゆい様・26歳・経験4年)

私は出来上がった金型の設計図から、CADを使ってひとつひとつの部品にばらして1枚1枚図面を描いていたのですが、精密なものなので1枚出来上がるたびに達成感がありました。時には叱られることもありましたが、よく出来てると褒められる時は本当にうれしかったですね。
出来上がったものを見せてもらったり触らせてもらったりしてさらに達成感を感じました。形として残せることが誇らしかったですし、仕事を離れても未だに「あ。あれ、私が作ったのを使ってるものだ」とか思ってしまいます。私も役立っているんだなと思えることが一番ですね。
(わさび様・40歳・経験5年以上)

仕事が自動車部品のデータ作成だったため、製品開発の試作から量産までどうやって製品ができて市販されるかを間近で見られること。
自分が製作した3Dデータが製品として形になってきて、手にできた時はちょっと感動します。
(カツ様・37歳・経験5年以上)

普通の職種より、時給が高い。自分が携わった物件が、実際、建築物として建ち残る。自分の建築の知識と資格が生かせ、また新た吸収することが出来る。スキルアップにつながる。設計の方のサポートが出来、信頼関係を築くことが出来る。
(mica様・44歳・経験5年以上)

今の仕事に就いて8年になりますが、とても専門的な知識や技術が必要で、誰でもすぐにできる仕事ではないので、自分に自信もつきましたし、すごく良い経験になっていると思います。
覚える事がたくさんあり、できなかった事ができるようになるとすごく達成感があり、やりがいがある仕事だと思います。
(koromo様・32歳・経験5年以上)

実際に自分が携わった建築物の近くを通りかかったときなど、話の種になりやすい。
補修工事などが終わった学校を見たりすると大きな達成感があり、モチベーションの維持という面で非常に保ちやすい職種であると感じる。
(ハマチ様・30歳・経験3年)

この仕事の厳しさ

納品までの期日が短いものや、複雑な形状がくると焦ります。また自分が一度もやったことのないような形だと、引き出しが足りず困ることが多いです。
期日に間に合わせるために、遅くまで残業することもありますし、そういうところは個人プレーの辛いところだとおもいます。
(ゆい様・26歳・経験4年)

私の場合ですが、とても精密なものだったので神経を使いました。もとの図を展開してばらした時に、もし間違いがあれば気付かないとならないですし。絶対に起きてはならないことですが、間違えて他の方の描いた図面に上書きをしてしまった時には本当に血の気が引くのが分かりました。良いよって言ってもらえても、それから1週間は落ち込みましたね。
あと一日CADに向かい合ってるので目が疲れ肩こりに悩まされました。
(わさび様・40歳・経験5年以上)

CAD専門の募集は少なく、派遣でも競争率が激しいです。
また、設計やシステム開発などスキルアップできないと年収350万程度から変わりません。
業務での悩みは、毎日長時間パソコンに向かうため、肩こりや腰痛、眼の疲れが慢性化してしまいます。
(koike4様・27歳・経験1年)

最初は新入社員の時の研修で数時間習った程度でCADオペになったので、自分の知識以上の作業を頼まれることも多くてマニュアルやオンラインヘルプを駆使して仕事をこなすのが大変でした。その職場では女性のCADオペが初めてで、信頼して仕事を任せてもらえるようにするのも苦労しました。
(shomama様・40歳・経験5年以上)

とにかく納期がきっちり決まっており、また製品開発途中では不具合や他の部品との兼ね合いで設計変更も多かった為、残業が多い仕事でした。
また、製品を型で作れるように有る程度考えてなければならなかったので(最終的には生産技術と型部門のチェックが入りますが)、そのあたりの勉強も必要でした。
(カツ様・37歳・経験5年以上)

この職種は全くの未経験で今の会社に入社したので、最初は何もわからず、本当に大変でした。
私は今まで工場内での製造や接客業など頭を使う仕事はした事がなく、今の仕事は常に頭を使わなければいけないので、頭のなかがパンクしそうでした。
ミスをするとそれがそのまま会社の損失になってしまうので、ミスをせず、かつスピーディーに仕事をこなしていかないといけないので大変です。
(koromo様・32歳・経験5年以上)

クライアントの要求や納期などがある仕事なので、対応力が求められる点は慣れるまで苦労しました。
図面をPC上で書き出していく作業は精神的な疲労が大きいため、根を詰めすぎてストレス過多になってしまうこともあった。
(ハマチ様・30歳・経験3年)

こんな職種から転職しました!

建設コンサルタントで正社員をしていました。CADも業務上触る機会は少しあったので完全に別職種というわけではありませんが、拘束時間がすごく長くて体調を崩したこともあり転職しました。派遣で時間の融通も利くし、専門職で時給も良いので今の職種にしました。
(shomama様・40歳・経験5年以上)

郵便局で働いていましたが、それまでの仕事と全く違うことがしたいとCADの専門学校へ通ったことがきっかけでした。
一般派遣で様々なCADのスキルと職歴を積んで、その後派遣会社の正社員として採用され、そのままCADの仕事を続けています。
(カツ様・37歳・経験5年以上)

以前は飲食店やショップ店員、コンビ二、工場内での製造業などいろいろな仕事をしていました。
その頃は派遣社員やアルバイトだったので、正社員で働きたいと思い、高校時代にCADの勉強をしていたので、その経験を生かせればと思い転職しました。
(mica様・44歳・経験5年以上)

前の事務職ですが仕事に慣れたときになんとなく仕事への物足りなさを感じていました。何か特別な資格などを取った方がいいと考えていた時に、設計などの仕事に携わっていられたら楽しいのではないかと考え、CADの仕事を選びました。
(ナカマ様・40歳・経験5年以上)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。