>  >  > よく解る!貿易事務【職種図鑑】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

貿易事務【職種図鑑】

語学力と専門知識を活用。輸出入に関わる事務のプロ

paper
  • 採用担当者へ聞いた!
  • 経験者の声
グラフ

データで見る貿易事務

平均時給
未経験OK
1,493
経験必須
1,467

はたらこねっとでの
お仕事件数(全国)

664
残業の多さの円グラフ
仕事の仕方の円グラフ
男女比の円グラフ
※平均時給、お仕事件数は現時点での はたらこねっと掲載案件より、
グラフについては、2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より数値を表示しています。
辞典

貿易事務のお仕事とは?

貿易事務のイメージ

貿易事務の仕事は、商社やメーカーなど輸出入に関する業務を行っている会社での事務業務となり、内容は輸出に関する業務と輸入に関する業務で異なります。輸出に関する具体的な業務は、輸出通関書類作成、通関手配、運送便の手配、L/C(荷為替手形に付いた信用状のこと)買取などです。一方、輸入に関する具体的な業務内容は、輸入通関手配や商品の納入管理、関税納付と消費税納付などとなります。輸出入に関わるいろいろな人たちへの伝達や調整といった業務を行うことになるため、コミュニケーションスキルも求められます。
業務内容や業務の幅についてはさまざまで、企業によって異なります。輸出入の際に必要な各種の手続きに関する補助業務を行う場合や、通関士資格を活かしてより専門的な業務を行う場合もあります。そのため、仕事の範囲を事前によく確認することが大切です。

業務リスト
  • 電話・メール応対
  • 来客応対
  • 見積書・請求書作成
  • 荷物の配送手配
  • 船積書類(B/L・Invoice等)作成
  • コレポン業務
  • 受発注・出荷対応
  • 通訳・翻訳
  • ファイリング
  • 社内文書作成(報告書・議事録等)
  • データ入力・チェック
  • 納期スケジュール調整
  • 資材調達
  • 伝票処理・整理
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • 専門的な輸出入の知識
  • パソコンスキルや事務処理能力
ステップアップ!
  • 通関士へのキャリアアップが可能
輸出入に関する業務を行うため、専門的な輸出入の知識や、それに関連するスキルが身につきます。また、輸出入には会社内のさまざまな部署や、顧客企業などが関わっており、その間で調整をしたり連絡を取ったりすることになるため、調整能力や折衝能力、ビジネススキルも身に付きます。業務上、パソコン操作も必須となるため、パソコンスキルや事務処理能力も身に付けられます。
また、業務を通して語学力を磨いていくことも可能です。TOEIC(R)テストを受けるなどして、自分の英語力を活用し、仕事で結果を残していけば 、将来的にも業務の幅が広がりますし、キャリアアップも目指せます。まずは補助業務に携われる会社で経験を積み知識をつけたら、より深く広い業務に携われる通関士の資格を取得し、キャリアアップを目指すのもいいでしょう。
初心者

未経験から挑戦できる?

業務の内容によっても求められる語学スキルのレベルが異なりますが、英語ができることは大切な条件となります。英語力を客観的に証明するために、TOEIC(R)テストや英語検定を受けておくといいでしょう。また、必須条件として、ワードやエクセルなどの基本的なパソコンスキル、事務処理スキル、社内外の人と関わる上で欠かせないコミュニケーション能力やビジネススキルなども挙げられます。
実務未経験であっても貿易に関する知識や通関士資格があれば高く評価されますが、そういったものがない方は、迅速で正確に事務処理が行えることや、英語力があることをアピールできるようにしておくといいでしょう。

未経験OKの割合
※2015年8月26日 はたらこねっと掲載案件より
ほんとに、未経験OKなの?

未経験OKと記載があっても、「業界、業種の未経験はOKだけれど、事務経験は必須」「実務未経験OKでも、PCスキルは必要」といった場合があります。「未経験OK」といっても、その解釈はお仕事により様々です。詳しくは下記の「採用担当者に聞いた」をご覧ください。

採用担当者に聞いた 派遣会社の採用担当者さんに、ホントのところを聞いてみました!
こんなスキル、人物が求められるお仕事です。

英文メール作成、電話応対、書類作成をはじめ、英語を使う頻度が高い仕事です。
どの仕事も英語力は必須ですが、基礎的な事務スキルやパソコンスキル、ビジネススキル、社内外の人とのコミュニケーション能力などは必須条件と言えるでしょう。
貿易事務の仕事があるのは、商社、メーカー、船舶会社や海運貨物取り扱い業者などです。
未経験でも営業事務(受発注)の経験と語学力があればチャレンジできる場もあるでしょう。(ヒューマンリソシア株式会社 採用ご担当者様)

貿易事務は商品の受発注、メールや電話での海外とのやりとり、各種貿易書類の作成やチェック、支払いや船便の予約など、
貿易関連全般の事務をおこないます。
仕入先やクライアントに納期を英語用いて調整する能力や貿易の専門知識が求められます。
専門性をもって俊敏に正確に対応する必要があります。
また他国との折衝のため、時差や繁忙期が日本とは異なる場合もあり、タフに業務遂行するチカラも求めれます。
(株式会社スタッフサービス 東京 末松様)

実務経験が求められる案件が多い職種になるかと思います。
未経験OKの場合ですと、貿易実務検定や通関士資格などをお持ちの方は優遇されることもあります。
また扱う書類が英語表記となることや、実際に海外とやり取りすることも多いため、英語のスキル(TOEICや英検など)を証明できる資格があるとよいでしょう。
担当する業務によっては、電話やメールにてお客様対応をすることもある為、基本的なビジネスマナーも必須となります。
(株式会社近鉄コスモス 採用ご担当者様)

必須スキルは英語力です。
特に書類やメールの作成やチェックが多いので、どちらかというと読解・作文に自信のある方におすすめです。
必須資格はありませんが、貿易取引のルールや専門知識の習得が必要になります。
貿易実務検定などの資格取得はポイント高くなります。
また貿易は「モノの売買」ですので、メーカーや商社での受注発注が含まれる営業事務の経験があると有利です。
※「未経験OK」の多くは、貿易実務の未経験者となります。英語スキルや、営業事務などのス経験は必須となることが多くなります。
(テンプスタッフ株式会社 採用ご担当者様)

経験と知識があれば非常に有利な職種です。
通関士や貿易実務検定などがあれば未経験の方も優遇されます。ただ、ほとんどの案件は未経験でも何かしら事務の経験がないと紹介は難しいです。
英語力はそこまで高スキルは求められませんが、英語に抵抗がある方は厳しいかと思います。
仕事に慣れるまでが覚える事が非常に多いので、根気強さは必要です。
(リバティー株式会社 採用ご担当者様)

こんな資格や業務経験がいかせます。
資格

■TOEIC600点以上 ■通関士(国家資格)■貿易実務検定■ビジネス英語検定

スキル・経験

■英語(主にメールやり取り)

■社会人としての一般常識、ビジネスマナー

■四則演算や基礎関数等の基本的なEXCELスキル

■文書作成などの基本的なWORDスキル

■パワーポイントでプレゼンテーション資料作成

■メーカー・商社での受発注が含まれる営業事務経験

こんな人におすすめのお仕事です。

受発注や在庫管理などの業務では各方面との調整が多くなります。
社内外問わず、快活なコミュニケーションが得意な方におすすめです。
また、貿易取引のルールや外国為替など勉強が必要な内容も多いので、新たなことを覚える意欲がある方や、書類をコツコツチェックすることが得意な方におすすめです
(テンプスタッフ株式会社 採用ご担当者様)

非常に残業の多い仕事なので体力のある方、
繊細な方より図太い位の精神力のある方が向いていると思います。
(リバティー株式会社 採用ご担当者様)


貿易事務の場合、定型文書の作成や決まった内容での通信(コレポン)が多いので、ある程度の読み書きができれば対応可能です。TOEICを取得した・海外留学経験があるが、実務での経験はあまりない・・・といった方には、経験を積むチャンスになります。英語力が高いと、今後は英文事務、国際事務通訳、翻訳、役員アシスタントなどチャレンジできる仕事内容が広がっていきます。
未経験の人は、まず一般事務や営業事務で経験を積んで事務能力を磨き、語学力のスキルアップなど、必要なスキルを磨くといいでしょう。
(ヒューマンリソシア株式会社 採用ご担当者様)

営業事務経験や英語を使ったお仕事がしたいという方に向いているお仕事です。
仕入れ先やクライアント、通関業者など関わる人も多く、お金や品物を直接関わるお仕事なので、
調整をはじめとするコミュニケーション能力の高さと責任感を持ち、正確にやりとげられる方におススメします。
(株式会社スタッフサービス 東京 末松様)

貿易事務は期限やスピードを求められることが多い為、仕事の優先順位をきちんとつけて、仕事ができる人が向いていると思います。
チームで仕事をしますので、周りとのコミュニケーションをうまく図れるかどうかも重要になります。
また、書類に不備があると大きな事故やクレームに繋がる可能性も大いにある為、正確性も求められます。
細かい数字や作業に苦手意識がない方がいいかと思います。
(株式会社近鉄コスモス 採用ご担当者様)

こんな研修が役立ちます。

■ビジネスマナー研修■OA研修(Word・Excel・PowerPoint・Access・Outlook)■貿易実務研修

派遣会社では、派遣スタッフさんへ向け、様々な研修を用意しています。
未経験の場合でも、研修を受けてスキルを身に付けておくと安心できますね!
どんな研修があるか、登録した派遣会社へ確認してみましょう!

貿易事務 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

毎日、業務で英語を使用してやり取りしているので、英語が自然に上達していきました。最初は戸惑うこともありましたが、経験を積むうちに慣れていきます。
英語力が上達していくにつれて、任される業務の範囲も広がっていくので、やりがいも感じながら働けています。定期的に受けているTOEIC(R)テストでスコアを更新する度、満足感に浸っています(笑)。
(そら様・32歳・経験2年)

貿易の仕事をしていると、さまざまな文化を持つ国の人たちとコミュニケーションを取ることができたり、新しい発見がたくさんあり、毎日新鮮な気持ちで働けます。取引先企業がある国の情勢や原油価格、為替動向などにも目を向けるようになったことで、視野も広がりました。
海外に興味のある方や、貿易に関して興味のある方には、おすすめの職種だと思います。
(CHOCOMINT様・32歳・経験2年)

海外とのやりとりで、習得した語学が生かせたときや、顧客から感謝されたときはやりがいを感じました。また、航空貨物などの時間制限がきつく、無理そうな案件を、深夜まで仲間と協力して、やり遂げたときなどは、やはり達成感がありました。
(Sayako様・33歳・経験5年以上)

実際に交渉したりするのは営業の人ですが、自分自身も外国を相手に仕事をするので、日本だけに閉じ込もっていた世界が広がったことです。自分が手配した船に商品がのって、消費者の手に…と考えると、大きなフィールドで仕事をしていると誇らしく思えます。
(はなこ様・31歳・経験2年)

この仕事の厳しさ

それぞれの国によって、独特な時間の流れや仕事の進め方・方法があるため、なかなか仕事がこちらの思い通りに進まないこともあります。天候や国の情勢などが影響して計画通りに取引が進められなくなったこともあり、異国とのやり取りを行う貿易の仕事の大変さを実感しました。
そういう時にも、臨機応変に対処・対応できるよう、先輩方の仕事の進め方を見て勉強していこうと思っています。
(うー様・32歳・経験2年)

お客様の要望に沿うよう業務を進めることが大切になりますが、文化や習慣、言葉が違う国のお客様とのやり取りには、非常に気を遣います。
意思疎通が上手くいかないと、行き違いや誤解が生まれてしまい、大きな損失を出すことにもなりかねないので、先方とのやり取りの際には、情報を明確にできるだけ詳しく伝えるよう気を付けています。
(moerin2様・32歳・経験2年)

外国語が苦手だったのでとても苦労しました。会話程度のレベルなら何とかなったかもしれませんが、専門用語も必須なので、覚えるが大変でした。気象条件によっては荷物が遅延するので、無事に到着できるか天気予報をこまめにチェックしていました。台風と吹雪の予報の時はドキドキして、精神的に辛かったです。
(はなこ様・31歳・経験2年)

立ち上げたばかりの部署に配属されたのでマニュアルなどがまったくなく、一から手探り状態で仕事を進めていくところが大変でした。またどんなトラブルが起きてもぜったいに時間内に事務処理を終わらせなければいけないところも大変でした。
(ぷそまる様・23歳・経験1年)

こんな職種から転職しました!

社内の異動で、前職種は総務関係の役員秘書でした。異動は希望したものでしたが、ずっと管理部門にいたため、実際の現場の業務を経験したいと思い職種転換をしました。管理部門に上がってくる数字やレポートだけでは、現場の状況はわからないと思ったためです。
(Sayako様・33歳・経験5年以上)

一般事務や総務事務など、オフィスワークの仕事を中心に経験していました。物流関係の力仕事も経験しました。もっと事務職での経験・スキルを増やしていきたいと思うようになったため、貿易事務の仕事に就くことにしました。
(二郎様・33歳・経験1年)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。