>  >  > よく解る!美容師(スタイリスト)・理容師【職種図鑑】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
offics work

美容師(スタイリスト)・理容師【職種図鑑】

理想のヘアスタイルを実現する髪のスペシャリスト

paper
  • 経験者の声
辞典

美容師(スタイリスト)・理容師のお仕事とは?

美容師(スタイリスト)・理容師のイメージ

双方とも髪をカットしたりパーマをかけたり、シャンプーやカラーリングを行うなど髪に関するプロフェッショナルです。業務を行うにあたっては双方とも国家資格が必要です。一見その違いが分かりにくいですが、理容師の場合は髭や顔の毛を剃ることができます。一方で美容師は法律上、美容師はそれらの行為が認められていません。シャンプーやカット、パーマなどの技術的なことはもちろん、衛生面や接客面でのノウハウも求められ、トレンドに敏感であることや顧客とうまく会話をできるコミュニケーション能力といった面も重視されます。美容師は美容室以外にもエステティックサロンや結婚式場、ホテルなど、活躍のステージに幅があります。理容師の場合は理髪店での勤務となります。美容室の利用者は男女ともに多く、理容室を利用する利用者は男性が多い傾向にあります。

業務リスト
  • 接客・販売
  • レジ打ち
  • 予約受付・登録・管理
  • 販促(POP作成・ビラ配り等)
  • メンバーシフト管理・育成
  • カウンセリング
  • 電話・メール応対
  • 在庫管理
  • マッサージ
  • ヘアカット
  • フェイシャル
  • 痩身
  • 脱毛
  • ボディケア
  • 人工爪作成
  • ネイルケア
  • 備品管理
  • 店舗清掃
ステップアップ

身に付くスキルとステップアップ

 
身に付く!
  • スタイリストとしての技術、スキル
  • コミュニケーション能力
ステップアップ!
  • 自分でお店を持つことも
見習いなどの下積みの頃はできることも少ないので、先輩の技術や接客方法を学ぶなど勉強の期間が必要とされますが、経験を積んで技術を磨いていけば、やがてスタイリストになれます。さまざまな人の大切な髪に関わるわけですから最初の接客は緊張するかと思いますが、腕を上げて、顧客との会話もスムーズになれば仕事に楽しさとやりがいが生まれます。さらに、顧客のかたから指名が入るようになれば、やりがいはますます高まりますし、どこのお店でもやれるという自信もつくでしょう。美容師や理容師はスタッフとして働くだけでなく、自分でお店を持つことも可能です。また、髪型のトレンドの移り変わりは非常に早いです。最新の技術や薬剤、シャンプーなども次々に出てきます。接客で会話する上でも時事ネタや話題のネタは抑えておきたいところです。流行に敏感になれば、コミュニケーション能力も高まると思われます。
初心者

未経験から挑戦できる?

最初の修行期間はカットの技術をはじめ、覚えることがたくさんあって大変です。また、清掃などの地味な作業から始まりますが、これは先輩も含め誰もが通る道です。閉店後に技術を勉強したり実践したりするので肉体的にもハードですが、店舗のスタッフが厳しくもやさしく指導してくれますし、技術を身に付けられた時のうれしさや、顧客から指名してもらうことの喜びはとても大きいといえます。とにかく分からないことだらけでも、先輩の行動や技術をしっかりと見て学んで、疑問点や不明点はすぐに聞いて理解していくという姿勢で取り組めば道は開けていくと思います。

美容師(スタイリスト)・理容師 『経験者の声』
これがこの仕事の醍醐味

この仕事をしていて良かったと思うのはお客さんが私を指名してくれた時です。指名してくれたと言うことは「気に入った」と言われるのと同じことです。指名してもらえるのはすごく嬉しくてやる気が出ます。カットした髪型を気に入ってくれてお客さんに喜ばれると私も嬉しいです。やりがいを感じる瞬間です。
(もっち餅様・20歳・経験1年)

お客さんが私と同じヘアスタイルにしてくださいと言ってくれた時はうれしかったです。常に人に見られる仕事なので、気の引きしまる思いでした。ヘアはもちろん、ファッションにも気を使っていたので流行に敏感になっていることが楽しかったです。
(きなこ様・30歳・経験2年)

私はカットが割と得意でよく指名を受けたりしました。それはすごく嬉しかったです。なんだか指名されているとお客さんに認められた感じがしますので、その時の快感はありました。それからカットのときにどんなにお客さんを可愛く変身させることができるかを想像しながらカットをするのは楽しかったです。これが仕事の楽しみでした。
(ささみフライ様・21歳・経験2年)

この仕事の厳しさ

手が荒れることです。どんなに素材の良いシャンプーでも、一日に数回も手についているとさすがに手荒れします。冬は特にひどくなるのでつらかったです。
(もっち餅様・20歳・経験1年)

刃物を扱う仕事なので、力加減や刃の角度を少し間違えるとお客様を傷つけてしまう場合があります。常に緊張感を持って仕事をするので精神的に疲れたり、色々なお客様がいるのでどんな人にも愛想よく接客ができるかできないかで向き不向きがはっきりと分かれるところだと思います。
(はなな様・30歳・経験1年)

こんな職種から転職しました!

それまで一般事務のアルバイトの経験はあります。お金を稼ぎたくてアルバイトしていたのですが、美容師になるという夢のために辞めました。
(ささみフライ様・21歳・経験2年)

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。