派遣/求人情報ならはたらこねっと  > チャレンジタイプ(IT・エンジニア系)|【みんなのお仕事インタビュー】
SEの仕事を志したのは大学時代、友人との会話がきっかけです。「ゲームもPCもシステムが支えている。システムを作るSEがいなければゲームもできないしPCも使えないんだよね」と話しているうち、SEという仕事に興味がわいてきたんです。表面的には目立たないけれど確実な仕事をして、ユーザーを支えている。そんな縁の下の力持ち=SEになりたいと思うようになりました。大学にもネットワークに関する授業はあったのですが当時のわたしには内容が非常に難しくてついていけませんでした。そこで卒業後はアルバイトをしながら専門学校に通い、改めてコンピューター技術について学ぶことにしたのです。
専門学校を卒業していざ就職しようとした時に不安だったのが自分に現場経験がないということでした。知識はそれなりにありましたが、いずれも机上のもので、それが現場で通用するものなのか自信がなかったんですね。そんな時、現在登録している派遣会社の事前ネットワーク研修制度を知りました。企業で使われているネットワーク機器は非常に高価で、なかなか自前で購入できないものなのですが、この研修ではその機器を使って実習ができたんです。このおかげか、ネットワークエンジニアにとって重要なLPIC(エルピック)(※1)CCNA(※2)の2つの資格を取得できました。就職にも有利ですし、自分の自信にもつながりますから資格を取っておいてよかったと思います。
現在は大手通信会社でサーバーの監視チームに所属しています。このチームはサーバーに何か異常があった際に一次対応をする重要な役割を担っています。ユーザーへの被害を最小限にとどめるためには、どんな小さな異常にも迅速に対応することが必要ですから、チーム全員が気を緩めることなく、昼夜サーバーを監視しています。もちろん我々のチーム以外にもさまざまな専門チームが力を合わせてシステム全体を動かしているので、チーム同士の連携、スタッフ同士のコミュニケーションが非常に重要です。チームワークならではの達成感、なにより「縁の下の力持ち」としての醍醐味を感じながら業務にあたっています。
現在のサーバー監視の仕事でも学ぶことは多いですが、わたしが最終的に目指しているのは、システムの根幹である設計、構築の仕事です。そのため現在も独学で勉強を続けていますし、派遣会社が行うスキルアップ研修にもなるべく参加するようにしています。幸い現在の職場の勤務シフトはわりと緩やか。「五輪番」というシフト体制で5日のうち、「日勤1日→夜勤1日→明け休み1日→休日2日」です。一見不規則ですが、休日が多く残業もないので勉強時間がしっかり確保でき、恵まれていると思いますね。また勤務地も自宅から近く、通勤で疲れることがないのも助かります。
休日は所属するフットサルチームの試合に出たり、ゴルフの練習をしたりして体を動かしています。システムにまつわる仕事は、自分のささいなミスがシステムの停止を招きかねないという意味で常に気の抜けない仕事。だから心身共にリフレッシュできる時間があるのはうれしいですね。実務経験がなかったわたしも派遣という働き方を選んだことで、希望の業界で働くきっかけを得られました。これからしばらくは自分にとっての修行期間ととらえ、いろんな職場を経験してみたいですが、どこにいても常に「ユーザーを支えるかっこいい裏方でありたい」という気持ちを忘れず働きたいと思っています。今後はさらに経験や知識を増やし、最終目標であるシステム設計、構築の仕事に挑戦できる実力を培っていきたいですね。
※1 LPIC(Linux Professional Institute Certification)とは、特定非営利活動法人/Linux技術者認定機関「LPI」の実施するLinux技術者認定試験です。LPICは世界共通の国際認定制度で、公正なLinuxスキルの判断基準として認められています。
※2 CCNA(Cisco Certified Network Associate)とは、世界最大のネットワーク機器メーカーであるシスコシステムズ社の認定する資格です。CCNA資格を取得することで、ネットワーク構築と運用管理能力を証明することができます。

ピックアップ

  • 編集部が注目!20代・未経験でOK!?「事務職(無期雇用)」への道って?
  • みんなの声アンケート

はじめての方へ

編集部のオススメ!

  • ディップ株式会社は国際規格「ISO27001」及びその国内規格「JIS Q 27001」認証取得企業です プライバシーマーク