派遣/求人情報ならはたらこねっと  > ショップ販売での雇用形態別比較【雇用形態別メリットデメリット比較】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
違いをチェック!オフィスワークの場合
違いをチェック!コールセンターの場合
違いをチェック!販売業務の場合
同じ仕事でも雇用形態が違うと、こんなに差あり!
ショップ販売での違い
【華やかに見える反面、厳しい業界】 
卸売・小売業は過去5年間に「その仕事に就いた人と辞めた人」の差をみると、
20万8千人が辞めている結果となっている(注1)、厳しい業界。 ファッションビルや百貨店にあるお店では、
売上やトレンドによって出店・閉店が短期間に繰り返されるため、
これにあわせて働く人も異動せざるを得ないためです。
またシフト制で不規則な勤務時間であることも、プライベートとの両立が難しく
離職率が高くなる原因のひとつになっているようです。
【交渉して働きやすい条件を整えよう】
派遣で働く場合、派遣会社を通じて勤務日や勤務時間帯の交渉をする余地があることが
魅力ですが、このメリットを大いに活用して大好きなブランドで働いてみましょう。
注7:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」平成24年より
違いをチェック!オフィスワークの場合
違いをチェック!コールセンターの場合
雇用形態別メリット・デメリット一覧
このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。

ピックアップ

  • 編集部が注目!20代・未経験でOK!?「事務職(無期雇用)」への道って?
  • みんなの声アンケート

はじめての方へ

編集部のオススメ!

  • ディップ株式会社は国際規格「ISO27001」及びその国内規格「JIS Q 27001」認証取得企業です プライバシーマーク