派遣/求人情報ならはたらこねっと  > 「派遣法改正後の、自身と周囲の変化について」みんなの声レポート | 派遣の求人情報はたらこねっと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みんなの声レポート

みなさんの生の声をご紹介します!

「派遣法改正後の、自身と周囲の変化について」

受付期間:2015年10月20日~2015年11月13日
今回はたらこねっとでは、派遣法改正後の、自身と周囲の変化についてアンケートを実施しました。2015年9月30日に派遣法改正案が施行され、今までの派遣法とは異なる内容に変わりました。大きく変わった点として、「派遣期間の変更」、「契約満了時の対応の義務化」、「キャリア支援の義務化」などが挙げられます。今回のアンケートでは、改正後の身の回りに起きた変化を聞いてみました。結果としては、個人にはあまり実感がなかったものの、派遣会社に期待する対応へは多くの回答がよせられました。改正後の期待はどのようなものか、また改正により変化のあった人たちの声も紹介していきます。(有効回答数:1060)
  • 派遣法改正案の認知度と実感
  • 新しい派遣期間制限について
  • 雇用安定措置について
  • キャリアアップ支援について
  • キャリアアップ支援と派遣会社の選定基準

派遣法改正案の認知度と実感

派遣法の改正内容を知っている人は半数以上。しかし、まだ実感するには早い結果に。

労働者派遣法の改正後の内容を知っているか聞いてみたところ、「なんとなく知っている」と答えた人が51%、「よく理解できている」と答えた人が9%でした。改正後間もなく実施したアンケートでしたが、メディアでの注目も高いことから改正の内容に目を向けている人が多いと言えます。また、改正案が施行されてから、自身とその周囲に変化があったかを聞いたところ、ないと答えた人が86%でした。継続して就業している人にはすぐ適用される法案ではないので、実感する機会が少ないことがわかります。

グラフ:2015年9月30日に、労働者派遣法が改正されましたが、どんな内容かご存知ですか?
グラフ:2015年9月30日に、労働者派遣法が改正されましたが、なにか変化を実感するようなできごとはありましたか?

ページトップへ

レポート一覧へ戻る

新しい派遣期間制限について

期間制限について知っている人は半数以上!実感はまだないが、派遣の在り方に悩む人も。

派遣元に無期雇用されている場合や、60歳以上である場合は例外ですが、基本的に個人単位で一つの組織単位(課を想定)で働けるのは、原則3年までとなりました。また、派遣先企業でも「3年」という派遣受入期間の制限が設定されますが、過半数労働組合等に意見聴取を行うことで、さらに3年受け入れることができるようになります。
今回のアンケートでこの派遣期間制限を知っていますかと聞いたところ、「なんとなく知っている」と答えた人が51%いました。身の回りの変化について実感がある人はまだ少数ですが、派遣就業は臨時的・一時的なものであることを原則とする考え方が明確化されたことにより、自身の転職活動を始めた人が14%いました。長期で働きたい人は直接雇用にも目を向け始めていました。

⇒参考:「個人単位での派遣期間の制限について」

⇒参考:「新たな期間制限(事業所〔派遣先〕単位)」

グラフ:今回の労働者派遣法の改正で「派遣期間の制限」についてが変更されましたがご存知ですか?
グラフ:紹介予定派遣で働きたくないのはどのような点からですか?
その他を選んだ人のコメント
派遣元・派遣先の担当者と話がありましたが、当面の契約は継続のため、特に変わった実感はありません。 (スーニーさん) 以前は専門26号で働いていたので業務内容が明確でしたが、契約内容について自分でよりしっかり自分で確認しなければならないと考えています。 (トマトさん)
派遣社員で働く際は雇用に関しては自身で注意しないといけないと実感しました。なるべくなら派遣社員で働かないほうがいいのかと悩み中。 (リーさん) 派遣会社の登録会へ行った時にコーディネーターから、派遣法が改正され派遣期間についての説明を受けました。 (アメリさん)

ページトップへ

レポート一覧へ戻る

雇用安定措置について

長期的に働ける新しい施策!派遣会社に期待するのは直接雇用のサポート

派遣会社、派遣先企業ともに、 派遣スタッフに対して、その雇用の安定化が推進されるよう、雇用安定措置の実施が義務付けられました。
この雇用安定法について聞いてみたところ、「あまりよく知らない」が39%となり、「なんとなく知っている」が38%とほぼ同率という結果になりました。身の回りの変化はまだ感じられませんが、派遣会社に「派遣先の直接雇用社員になれるようにサポートしてほしい」という要望が49%と一番多くなりました。 派遣先にも様々な条件で直接雇用の募集情報の公開が義務付けられるので、一般の応募者と同様に選考を行うことができます。直接雇用のチャンスが広がることにより、派遣会社にもサポートを求める結果となりました。

⇒参考:「派遣元の雇用安定措置」

⇒参考:「派遣先の雇用安定措置」

グラフ:今回の労働者派遣法の改正で「派遣会社と派遣先企業の、派遣社員への雇用安定措置」についてが定められましたがご存知ですか?
グラフ:派遣会社と派遣先企業の、派遣社員への雇用安定措置について定められたことで、身の回りで何か変わった事、変わった実感がありましたか?それはどんなことでしたか?
グラフ:派遣会社にどのような対応を期待していますか?
その他を選んだ人のコメント
今までも3年の期限があったが、抜け穴を利用して3年以上働かせる会社が多かった。そのような会社には派遣しないようにしてほしい。法を守ることは雇う側・派遣側両方で厳格にすべきだと思います。 (Mapleさん) スタッフにとって良い方向へ法律が変わるよう努力して欲しい。あと派遣は色々な働き方が魅力なので、法律によって働き方が限定されないよう努力して欲しいです。 (紫織さん)
派遣会社に登録し契約社員として働いているが、雇用条件はボーナスが出ないなど、通常の契約社員より内容が劣る気がします。名前だけ変えるのではなくしっかりとしたサポートに努めてほしいです。 (こあらんさん) 派遣先を変えても同じ派遣会社で保険とか継続できるように仕事を紹介してほしいです。 (もさん)

ページトップへ

レポート一覧へ戻る

キャリアアップ支援について

初の試みで不満が解消!「キャリアについての相談をする機会がない」を手厚くフォロー。

派遣スタッフは、正規雇用労働者に比べ、職業能力形成の機会が乏しいという現状を踏まえ、今回の改正法では、派遣スタッフのキャリアアップ支援が初めて義務付けられました。
派遣会社では、①段階的・体系的な教育研修の実施、②キャリアカウンセリングの実施が、 派遣先企業では、派遣会社の求めに応じ、派遣会社のキャリアアップ支援に必要な情報を派遣会社に提供する努力義務が定められました。
この「教育・キャリアコンサルティングの支援」についての改正を知っていますかと聞いたところ、「あまりよく知らない」が44%と今回の認知度で一番知られていない結果となりました。身の回りで変わった実感もないので、派遣会社でもまだ動き始めた段階といえます。 これまでの教育・キャリアアップに不満があるかを聞いたところ、「特になし」が47%と最も多くなりましたが、これに対し「キャリアについての相談する機会がなかった」が23%と不満では最も多い結果となりました。
教育に期待する対応には「希望のキャリアステップに合致したお仕事の紹介をしてほしい」が38%となりました。従来の研修・セミナーに加え、コンサルティングに注目が集まっている傾向にあります。

⇒参考:「派遣労働者のキャリアアップ推進」

グラフ:今回の労働者派遣法の改正で「教育・キャリアコンサルティングの支援」についてが定められましたがご存知ですか?
グラフ:教育・キャリアコンサルティングの支援についてが定められたことで、身の回りで何か変わった事、変わった実感がありましたか?それはどんなことでしたか?
グラフ:これまでの、教育やキャリアコンサルティングに関して不満はありましたか?具体的にどのような事か教えてください。
その他を選んだ人のコメント
実際は、キャリア相談といっても金銭がすごくかかるものだったりするので、派遣社員にとっては苦しい教育内容だったりコンサルティング内容だったりするので、その点を改善して欲しいです。 (kissaさん) 東京など大都市では、派遣会社の研修等が行われているようですが、同じ派遣会社でも地方で就業していたら研修が行われていません。受けたくても開催自体されていないのが残念です。 (chicさん)
PCの無料研修があったが、就業中に受ける場合有給を取るか、欠勤となるか、求職中に受けるかなので、時間がとれません。 (ともりんさん) 独自的な視点での講座がない。他社と似たような内容の講座のみ。より実務に活用出来る講座の開催を期待したいです。 (マダムさん)
グラフ:派遣会社にどのような対応を期待していますか?

ページトップへ

レポート一覧へ戻る

キャリアアップ支援と派遣会社の選定基準

選ばれる派遣会社に新たな基準!教育研修が注目の予感。

キャリアアップ支援の内容が派遣会社を選ぶ基準になるかを聞いたところ、「はい」と答えた人が62%でした。これは能力・スキルの向上を意味し、よりステップアップできる派遣会社を重視する人が多いということになります。
キャリアアップ支援が義務付けられたことにより、教育研修等にかかるコストは派遣会社にとっては従来と比べると大きなコストアップになりました。しかしキャリア支援を充実させることにより、この派遣会社で働きたい、と思う人が多くなることが期待されます。

グラフ:教育やキャリアコンサルティングの内容が、派遣会社を選ぶ基準になりますか?

派遣会社の研修・セミナーは以前から様々な要望があったけど、今回の改正案では初のキャリア支援が義務付けられたわ!教育を手厚くして他社と差別化を計る派遣会社も魅力的なので検討してみて!

ページトップへ

レポート一覧へ戻る

このページは誰かの役に立ちそうですか?
もし誰かの役に立ちそうだと思っていただけたら、
右のボタンから共有をお願いします。